高画質でゲームを楽しむためには、高機能な液晶ディスプレイが欠かせない。しかし、ゲーミングブランドのディスプレイは比較的高価で、性能を生かしきるのも多少難しい。身の丈にあったゲーミングモニタを探して、たどり着いた答えのひとつが、BenQが4月11日に発売する4K・HDR対応の「EL2870U」だ。素人でも使いこなせるかどうか、試してみた。

201803291630_10.jpg
「EL2870U」と「PS4 Pro」で「ウイニングイレブン 2018」をプレイしてみた

 「EL2870U」は、4K UHD解像度と明暗のコントラストをはっきりと映すハイダイナミックレンジ(HDR 10)に対応した27.9型のゲーミングモニタ。表示の切り替えが早いTNパネルを採用し、1ms(GTG)の応答速度で快適にゲームがプレイできる環境をつくりだす。税込の実勢価格は5万円前後の見込み。

 BenQには、ゲームを使った競技「eスポーツ」向けのブランド「ZOWIE」がある。「ZOWIE」のターゲットは主にFPSプレイヤーになるため、より広い層に訴求するために「EL2870U」は「BenQ」ブランドから発売するという。
 
201803291630_11.jpg
4K解像度でゲームをプレイするのは初めて

「ウイニングイレブン 2018」をプレイ

 使用するのは、ソニー・インタラクティブエンタテインメントの「PS4 Pro」と、KONAMIのPS4用ソフト「ウイニングイレブン 2018」。4Kゲーミングモニタの性能を最大限に発揮できるゲーム機とコンテンツだ。
 
201803291630_12.jpg
デフォルトの設定で試合してみる

 まずはデフォルトの設定で試合してみる。普段、22型のハイビジョン液晶テレビでプレイしているため、27.9型のディスプレイは非常に大きく感じた。4K画質についても美しく感動的。いつも気にしていなかった観客などの動きを鮮明に映し出すため、見入ってしまいなかなか試合に集中できない。
 
201803291630_13.jpg
観客やマスコミが確認できるほど細かく描かれている

 Web閲覧やオフィス照明など、用途に応じて輝度やコントラストを調節したテンプレートの中から、「ゲームモード」を選択してプレイ。明るくコントラストがはっきり出ており、ボールの位置や操作している選手を表すカーソルが見やすい。
 
201803291630_14.jpg
ゲームモードを選択してプレイ。用途に合わせて最適なモードへ切り替えられる

 1ms(GTG)の応答速度のおかげで、映像にラグや残像感が少ない。GTGとは、グレーから違うグレーへ変化する速さのこと。白とも黒ともつかない微妙な色を出すには、慎重に発色を調節する必要があり、モニタにとって難しい作業だ。多くのテレビは10~20前半なので、1msは非常はやい数値といえる。PCと接続してゲームをプレイする機会があれば、カクツキがなく滑らかな映像を実現する「AMD FreeSync テクノロジー」が活躍するはずだ。
 
201803291630_15.jpg
イエローカードへの抗議が滑らかな映像で楽しめる

 ゲーマーの悩みである目の負担についても配慮している。HDRのハイコントラストを生かしつつ、周辺の照明環境にあわせて輝度を抑えるアイケア技術「ブライトネスインテリジェンスPlus(B.I.+)」を搭載。B.I.+は周囲の照明環境に合わせて、輝度と色温度を自動調整してくれる画期的な機能だ。ゲームに熱中している間に日が暮れてきた時や、電気をつけて一気に明るくなった時などでも自動的に適切な画面表示にしてくれるので、ゲーマーにとってもありがたい。

 さらに、ブルーライト軽減機能とちらつきを抑える「フリッカーフリー」と合わせることで、長時間にわたって画面を注視した際の疲労を抑えている。
 
201803291630_16.jpg
本体正面の右下にある金色のロゴの下にあるホットキーで、B.I.+とHDRのオンオフが切り替えられる

 効果の実感としては、B.I.+とHDRのどちらもオフの状態が最も全体的に明るい。B.I.+をオンにすると、まず周囲の環境光を測るセンサが働いて、全体の色が滑らかに少し暗くなった印象を受けた。「iOS 11」の明るさ自動調節機能のように、部屋の照明を暗くするとモニタが輝度を抑えてくれるため、まぶしくて目が痛くなるようなこともない。

 次にHDRをオンにするとコントラスト比が一気に強まり、選手たちの顔の輪郭がよりはっきりとなった。HDRとB.I.+の両方をオンにすると、コントラストははっきりしているまま、明るい部分の輝度が少し抑えられたようにみえる。個人的には、両方オンの状態が最も目に優しく、見続けられるように感じた。
 
201803291630_17.jpg
どちらもオフ(左上)、B.I.+のみオン(右上)、HDRのみオン(左下)、どちらもオン(右下)。
上段より下段のHDRオン時のコントラスト比が強くなった。スタジアム奥の照明を比べるとわかりやすい

 B.I.+とHDRは正面右下にあるホットキーを操作すれば、好みにあわせて簡単にオンオフが切り替えられる。HDR規格外の場合でも、「HDR: エミュレート」機能で輝度とコントラスト比を自動的に高める。

2台のゲーム機を同時接続可能

 入出力端子は、HDMI2.0x2とDisplayPort1.4。ユーザーの多い「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」と「PS4 Pro」を同時に接続できるため、コードを抜き差しすることなくゲーム機を切り替えられる。
 
201803291630_18.jpg
HDMI2.0対応のゲーム機なら2台同時に接続できる

 スタンドの組み立ては直感的で簡単。ディスプレイの設定は変更しなくても大画面で高画質。ボタンひとつで設定すれば、目の疲れを軽減できる。用途にあわせて出力の調節も可能。スピーカーを内蔵しており、ゲーム機を接続するだけでプレイできる。ガジェットに詳しくなくても、十分に高画質は楽しめることがわかった。しかし、27.9型の4K映像を今回体験したことで、元のテレビに戻ると少し物足りなさを感じてしまった。