ベンキュージャパン(BenQ)は3月24日、写真家向けの24.1型カラーマネジメント液晶ディスプレイ「SW240」を発売した。税込の実勢価格は5万5000円前後。ハードウェアキャリブレーションに対応する製品としては手頃な価格だ。


BenQの写真家向け24.1型カラーマネジメント液晶ディスプレイ「SW240」

 解像度は1920×1200、アスペクト比は16:10で、A4サイズの画像を2枚並べて作業できる大きさを備える。このほか目の疲れを抑える、ちらつきゼロのフリッカーフリーバックライトを搭載。別売の遮光フードを使えば、作業環境がさらに快適になる。

 また、色域の広いIPSパネルと同社の最新技術「AQCOLOR」を組み合わせて、「Adobe RGB」を99%、「sRGB/Rec.709」を100%、「DCI-P3」を95%カバー。本物により近い色彩で画像を映し出す。カラーモード専用のホットキーを使えば、Adobe RGB、sRGB、そしてモノクロモードの切り替えが可能だ。

 出荷時にキャリブレーションを施されているものの、色味は時間の経過とともに変化してしまう。別売で対応するキャリブレーターと、製品ページから無料でダウンロードできるキャリブレーションソフト「Palette Master Element」を組み合わせて使えば、正確な発色を保つことができる。

 端子は、DVIx1、HDMI1.4x1、DisplayPortx1。本体サイズは高さ542×幅532x奥行き227mmで、重さは6.7kg。画面を縦にして使うこともできる。