エヌジェーケー(NJK)は、「メディアドライブ」ブランドで、セールスフォース・ドットコムの「Salesforce Platform」で稼働するクラウド型の名刺管理システム「THE 名刺管理 Business」と、社内などでシステムを運用管理するオンプレミス(オンプレ)型の「THE 名刺管理 On-premise」の提供を4月10日に開始する。


「THE 名刺管理」シリーズ

 NJKでは、自社で名刺認識エンジンを開発しており、名刺を企業の情報資産として活用するためのさまざまな形態の名刺管理システムをラインアップ。ニーズに適した名刺管理システムを提案している。また、ユーザー企業の環境に変化があった場合でも、NJKが提供する別製品への乗り換えが容易で、再び新サービスの選定や検証などの手間をかけることがない。そういった点で今回、ユーザー企業の規模や運用コスト、セキュリティポリシーなどのニーズに応じてクラウドとオンプレの両方を用意した。

 THE 名刺管理 Businessの料金は、初期登録が5万円(税別)、月額が50ユーザーで3万円(同)、追加利用が5ユーザーごとに3000円。THE 名刺管理 On-premiseは、ライセンス費用が最小10ユーザーで40万円(同)、年間保守が最小10ユーザーで8万円(同)に設定している。