アイ・オー・データ機器(I・Oデータ)はハイダナミックレンジ(HDR)入力信号に対応した55型の4Kワイド液晶ディスプレイ「LCD-M4K552XDB」を4月中旬から発売する。価格はオープンで、直販サイト「ioPLAZA」の税別の実売想定価格は12万7440円。

201802211620_1.jpg
I・Oデータの55型4K液晶ディスプレイ「LCD-M4K552XDB」

 HDR対応なので、Ultra HDブルーレイプレーヤーなどで再生したHDRコンテンツが楽しめる。解像度は従来のフルHD解像度の4倍に相当する3840×2160のUHD。上下左右178°の高視野角ADS(Advanced super Dimension Switch)パネルを採用。一眼レフデジタルカメラの写真表示も、高画質で表示できる。輝度は350cd/m2。

 オーバードライブ機能をオンにすると、画面表示の応答速度が約5msに向上し、動きの速いシーンの残像感を低減させながら、動きの激しい映像やゲームでもクッキリした映像が楽しめる。

 入力端子は、DisplayPort、HDMI(4K/60Hz、HDCP2.2対応)1系統、HDMI2系統、アナログRGBを搭載する。55型の大画面を生かしたサイネージやパブリックディスプレイなどビジネス用途でも使用できる。本体サイズは幅1242×厚さ217×高さ759mm。本体重量は14.5kg。