アイ・オー・データ機器は2月7日、長時間使用するオフィスで快適に使用できるよう設計した23.8型ワイド液晶ディスプレイの新製品「LCD-MF245ED-Fシリーズ」を2月下旬に発売すると発表した。

201802131527_1.jpg
LCD-MF245ED-Fシリーズ(写真はホワイトのLCD-MF245EDB-F)

 バックライトのちらつきをなくした「フリッカーレス」設計やディスプレイ本体でブルーライトを低減させる「ブルーリダクション」機能はもとより、長時間の連続使用を避けるために一定時間でアラートを表示させる「VDTモード」など、目の疲れを感じている人に適した機能を搭載した。
 
201802131527_2.jpg
使いやすい高さや角度に調整できる

 また、使いやすい高さや角度に調整できる「フリースタイルスタンド」を採用。さらに、ジャイロセンサーを搭載しており、スマートフォンのように画面を回転させると、表示も回転するため便利に使うことができる。

 カラーは、ブラック(LCD-MF245EDB-F)とホワイト(LCD-MF245EDW-F)の2色。価格はオープンで、税別価格は2万5800円。