NTTドコモは、リアル店舗においてキャッシュレスで手軽に買い物ができる、「dアカウント」を利用した新たなスマートフォン向け決済サービス「d払い」を2018年4月から提供すると発表した。

201801171702_1.jpg
「d払い」のアイコンとサービスロゴ

 「d払いアプリ」を起動し、画面上に表示されたバーコード・QRコードをd払い加盟店のPOSレジや決済端末で読み取って決済する。事前にスマホに「d払いアプリ」をダウンロードし、初期設定を行っておけば、買い物代金を毎月の携帯電話料金と合算して支払うことができ、税込支払金額200円につき1ポイント、ドコモの共通ポイント「dポイント」がたまる。
 
201801171702_2.jpg
「d払い」の利用方法

 ドコモでは、オンラインショッピングの支払いで多く使われている電話料金合算払いを実店舗での買い物に拡大し、さらなるキャッシュレス化を推進する。なお、「d払い」の支払いは、電話料金合算払いのほか、クレジットカード払いや、たまったdポイント(1ポイント1円)、ドコモ口座の残高を充当して支払うこともできる。

 「d払いアプリ」の対応機種はAndroid 5.0以降を搭載したスマホ、iOS 10.1以降を搭載したiPhone/iPad。従来型携帯電話では利用できない。街中のd払い加盟店は、ローソン/ナチュラルローソン/ローソンストア100、マツモトキヨシ、ツルハドラッグなど。現在、10社計1万9000店舗での取り扱いを予定しており、早期に10万店舗以上の展開を目指す。
 
201801171702_3.jpg
実店舗のd払い加盟店(予定)

 なお、ネット上の買い物でdポイントがたまる・使える決済サービス「dケータイ払いプラス」は、2018年2月下旬にサービス名称を「d払い」に変更する予定。ポイント付与率は従来と同じ、支払金額100円につき1ポイントとなる。