LINEは12月13日、自社が運営するコミュニケーションアプリ「LINE」で24時間以内に誤送信したメッセージを取り消しできる「送信取消」機能の提供を開始した。

201712131240_2.jpg
メッセージの送信取消機能を「LINE」が提供開始

 メッセージの取り消し方法は、誤送信したメッセージを長押しし、「送信取消」のメニューを選択するだけ。これまでは送信者の端末からメッセージが削除されるだけだったが、今回の追加機能で、送信相手の端末からも対象メッセージを取り消せるようになった。機能は「LINE」を最新バージョンのみ対応する。

 取り消し可能なメッセージは、24時間以内に送信したテキストとスタンプ、画像、動画、ボイスメッセージ、URL、LINE MUSIC、連絡先、位置情報、ファイル、通話履歴で、既読・未読を問わず対象となる。なお、スマートフォンに届く通知を取り消すことはできない。