寺田倉庫は、誰でも箱単位で自分専用の倉庫が持てるクラウドストレージサービス「minikura(ミニクラ)」の新サービスとして、日本初となるクラウド宅配ロッカー「minikura LOCKER」の提供を開始した。

201712111101_1.jpg
minikura LOCKER

 クラウド上で自分専用の宅配ロッカーを持てるサービス。オンラインショップなどで購入した商品を直送・保管でき、自分の好きなタイミングで受け取れる。

 預けたアイテムは、「マイページ」から写真で管理することが可能で、オンラインショップだけでなく、実店舗からの直送にも対応する。バラバラに届く荷物を、好きな日時にまとめて受け取れるほか、自分の住所を知られずにCtoCサービスを利用できるというメリットもある。
 
201712111101_2.jpg
「minikura LOCKER」の利用フロー

 Amazonアカウントと連携して簡単に会員登録が可能。月額利用料金は税込み650円。最大預け入れ点数は10点で、11点目以降は1点あたり月額130円の追加保管料が必要。取り出し作業の費用は、1回1梱包あたり、送料込みで税込800円。

 2018年1月8日まで、サービス開始を記念したキャンペーン「minikuraドリームロッカー」を実施。期間内に「minikura」に新規登録したユーザーを対象に、2018年2月までの「minikura LOCKER」の月額料金を無料にする。