フリマアプリを利用した消費者間での商取引が活発化している。影響を真っ先に受けたのは、リユースショップを運営する企業だ。昨年夏を境に業績が悪化し、窮地に立たされたところもある。消費者間取引の規模は膨らみ続けており、B2C市場全体に影響がおよぶ可能性は低くはない。なぜここまで急速に市場は拡大したのか。そして、既存の小売りと共存することは可能なのだろうか。