総合オンラインストアのAmazon.co.jpは11月8日、4000万曲以上の楽曲が聴き放題となる新しい定額制音楽配信サービス「Amazon Music Unlimited」の提供を開始すると発表した。

201711091248_1.jpg
「Amazon Music Unlimited」を日本でもスタート

 「Amazon Music Unlimited」は、iOS/Androidを搭載したモバイル端末、Fireタブレット、Fire TV、PC、Amazon Echoで利用できる定額制の音楽配信サービス。アメリカでは2016年10月から提供している。

 Amazonプライム会員向けに無料で提供している「Prime Music」と異なるのは楽曲数。「Prime Music」では数百万曲だが、「Amazon Music Unlimited」は4000万曲以上を視聴可能。これは世界最大手の「Spotify」と同等のボリュームだ。

 ラジオやプレイリストといった定額制音楽配信サービスではおなじみの機能も搭載。日本のユーザー向けにチューンアップされたチャンネルやリストを数百種類用意している。
 
201711091248_2.jpg
「Amazon Echo」を含む幅広いデバイスで利用可能

 Amazon Echoでは、ボイスコントロールが可能。アーティスト名や曲名を指示すると音楽を再生するほか、ジャンル、年代、気分を伝えることでEchoがセレクトした曲を聴くこともできる。また、楽曲再生中にアーティスト名や曲名を問いかけると、知りたい情報に回答する機能も備える。

 既存サービス「Prime Music」は今後も継続し、ライトユーザーには「Prime Music」、ヘビーユーザーやプライム非会員には「Amazon Music Unlimited」という棲み分けをしていくという。

 料金は個人プランが月額980円、最大6アカウントまで登録可能なファミリープランが月額1480円、Echo所有者限定のEchoプランは月額380円。プライム会員だと割引が適用され、個人プランは月額780円または年額7800円、ファミリープランは月額1480円または年額1万4800円となる。個人プラン、Echoプランのみ30日間の無料体験が可能。
 
201711091248_3.jpg
「Amazon Music Unlimited」の各プランと「Prime Music」の比較

 Echoプランの場合、再生可能な機器は登録したEchoのみとなるが、他の機器でも使用したくなった場合は、他のプランに簡単にアップグレードできる。