インターネット通販サイト「PREMOA(プレモア)」を運営しているMOAは、自社で開発・販売を行っている「maxzen(マクスゼン)」ブランドの50型と40型のフルHD液晶テレビを10月中旬に発売する。税込の実勢価格は、50型の「J50SK03」が5万2000円前後、40型の「J40SK03」は4万円前後の見込み。

201710131222_1.jpg
J50SK03(左)とJ40SK03

 9月15日から販売している32型の「J32SK03」と24型の「J24SK03」に続き、ラインアップを強化した。映像エンジンは国産のソシオネクスト製のチップを搭載し、従来モデルと同様の輝度の高い直下型LEDバックライトと、コントラスト比が高いVAパネルを採用して高画質を追求した。

 スピーカーは前面に位置を変えたことで、従来モデルよりも音が広がり、より臨場感を得られるように工夫した。

 USB外付けHDD録画にも対応するほか、ワンタッチスキップ機能やHDD省エネ設定機能などを搭載。HDMI入力端子は2系統を搭載し、接続機器をテレビと同時に電源オフできるCEC規格や、1系統はARC規格にも対応する。1080/60pとともに、BDの映画ソフトの24コマの1080/24pの映像出力に対応した。

 03シリーズから開始してユーザーから好評の「1000日保証」もつけて、サポート面での安心感も訴求する。