アイ・オー・データ機器(I・Oデータ)は、新ブランド「PLANT」の第一弾製品として、「MU-MIMO」など、スループットを向上させる最新技術を採用した高速無線LANルーター3機種を11月下旬に発売する。なお、「PLANT」は、ネットワーク関連だけではなく、幅広いカテゴリで展開する予定。

201611141714_4.jpg
最大通信速度1733Mbpsのフラグシップモデル「WNPR2600G」

 多くのWi-Fi機器を接続しても、安定した高速通信が可能なハイパワーモデルを拡充する。ラインアップは、最大通信速度(規格値)が1733Mbpsの「WNPR2600G」、1300Mbpsの「WNPR1750G」、867Mbpsの「WNPR1167F」。いずれも5GHz帯域のIEEE802.11acをはじめ、すべてのWi-Fi規格に対応しており、2.4GHz帯と、電波干渉を受けにくい5GHz帯を同時に利用可能なデュアルバンド対応だ。接続可能なWi-Fi機器の台数は推奨16台。有線LANについては、「WNPR2600G」と「WNPR1750G」は、全ポートギガビット接続に対応する。
 
201611141714_5.jpg
WNPR1750G

 フラグシップモデルの「WNPR2600G」は計8本のアンテナを内蔵し、複数の子機に対して同時に電波を出すことで、子機側も対応していれば、通信速度を落とさず通信できる「MU-MIMO」、対応機器との接続時に受信端末の位置で電波が重なり合うようアンテナを調節し、安定した通信品質を実現する「ビームフォーミング」技術に対応する。同時通信可能な子機の台数は最大4台。

 計4本のアンテナを内蔵した「WNPR1167F」も、「MU-MIMO」と「ビームフォーミング」に対応する。3機種ともカラーはホワイト。
 
201611141714_6.jpg
WNPR1167F

 価格はオープンで、税別の実勢価格は「WNPR2600G」が1万3800円、「WNPR1750G」が8800円、「WNPR1167F」が5980円前後の見込み。このほか、「PLANT」ブランドで、無線LANルーターと、無線LAN子機2機種も発売する予定。