• ホーム
  • トレンド
  • 今年で4回目のアーリーサマーイベント「ムーミン谷とアンブレラ」と、期間限定「ムーミン谷のあそびの広場」のダブルレポート

今年で4回目のアーリーサマーイベント「ムーミン谷とアンブレラ」と、期間限定「ムーミン谷のあそびの広場」のダブルレポート

時事ネタ

2023/05/02 19:00

 ムーミン物語は、今年で開業4周年を迎えた「ムーミンバレーパーク」(埼玉県飯能市)で、4月28日~7月2日にアーリーサマーイベント「ムーミン谷とアンブレラ」を開催する。また、初の試みとしてボーネルンド監修の「ムーミン谷のあそびのひろば」を期間限定でオープンする。この二つのイベントのレポートをお届けしよう。

アーリーサマーイベント「ムーミン谷とアンブレラ」開催中

都心から約1時間半で着く、いつでもムーミンたちに会える場所

 「ムーミン谷とアンブレラ」として、パーク入り口からメインのムーミン谷エリアまでの約100mの道の頭上に、近年人気が高まっているカラフルな傘を使った「アンブレラスカイ」を展開。今年はトレンドのオーロラ素材を使用したアンブレラを採用し、ニョロニョロのバルーンがいたるところに登場する。
 
フォトジェニックなアンブレラスカイ。
今年は現地の体感以上に「撮った写真」がきれい!

 さらに、太陽の光によって複雑な色合いを作り出すアンブレラのアーケードをシャボン玉で華やかに演出。また、ショップやレストランにもアンブレラモチーフの装飾を行い、ムーミンバレーパーク全体をアンブレラのデコレーションで盛り上げる。
 
ムーミン谷に生息する不思議な生き物「ニョロニョロ」の
バルーンが道行くゲストをお出迎え(左)、
アンブレラの装飾は今年はショップやレストランにも登場

 イベント限定メニューとして、小さいタピオカ入りのドリンク「リトルミイのレインボーバブルティー」をミュージアムショップ「コケムス」2階の「ライブラリー カフェ」で販売する。時間帯によって取り扱うドリンクが代わり、DAYバージョンは11時~14時、SUNSETバージョンは14時~17/18時(ラストオーダーはそれぞれ営業終了30分前まで)。さらに、シャボン玉やオーロラカラーをイメージしたイベント限定グッズを5月から順次販売する。
 
ストローにリトルミイの飾りがついた「リトルミイのレインボーバブルティー」。
DAYバージョンは添付のレモンポーションを入れると色が変わる

 同じく4月28日から始まった「ムーミン谷のあそびのひろば」は、ムーミンの世界観の中であそびと学びを同時に体験できる子ども向けプレイスポット。3~12歳の子どもを対象とした「海のオーケストラ号のボールプール」「ムーミン谷の空のトラック」「モランのコロコロホイール」で構成する。
 
プレスプレビューでリニューアルに込めた思いを語るムーミン物語の伊東久美子社長(左)と、
続けて行われた「ムーミン谷あそびのひろば」オープニングセレモニーのフォトセッションの様子
(左から伊東社長、ボーネルンド 遊環事業部 美和竜秀本部長、キッズモデル

 4月27日に、「ムーミン谷のアンブレラ」プレス向け内覧会と同時に開催した「あそびのひろば」オープニングセレモニーで、ムーミンのライセンスを管轄するライツ・アンド・ブランズ/ムーミン物語の伊東久美子社長は「豊かな自然環境が強みとなっている半面、雨天時は(全エリアを)楽しめないといった制約があったため、全天候型に進化させたいと思い、ボーネルンドにコラボレーションをお願いして実現した」と明かした。「天候にかかわらず、子どもも親もWell-beingな体験が可能」と、魅力アップに自信を見せる。
 
「ムーミン谷のあそびのひろば」で遊ぶキッズモデル

 2019年3月のオープンから1年経たずに新型コロナウイルス感染症拡大による自粛に見舞われたムーミンバレーパークは、今回の「あそびのひろば」に続き、夏以降、第2弾・第3弾リニューアルを実施する計画だ。日本人観光客はもちろん、インバウンド需要も想定しており、「あそびのひろば」のコンセプトや一部にアルファベットを使用した装飾は本国フィンランドも注目しているという。
 
ムーミンたちのグリーティングのイメージ(2021年度実施)と、
実際に遭遇したスナフキン(記者撮影)

 あそびのひろばは、1デーパス(入園チケット)とは別料金で、大人・子ども(3歳~12歳)とも30分300円(3~6歳の未就学児は中学生以上の大人の同伴が必要、大人のみの利用は不可)。ただし、4月28から5月31日までは、オープニング記念として無料で楽しめる。1デーパスの料金はおとな当日3600円・前売り3400円、こども当日2200円・前売り2000円。年間パスポートは大人1万3000円・子ども8000円。

 敷地内駐車場(有料)はあるが、ムーミンバレーパークの認知度アップと公共交通機関の利用促進のため、今春から、西武鉄道の池袋線、狭山線、西武有楽町線と相互直通運転している他社線でムーミンたちをデザインしたラッピングトレイン、最寄り駅の飯能駅北口-メッツァ間でラッピングバスが、それぞれ運行を始めた。
 
「ムーミン谷のあそびのひろば」は5月31日までオープン記念で無料
(混雑状況に応じて入場券を配布する場合がある)

 ライブエンターテインメントやグリーティングもあり、ミュージアムやキッズコーナーも揃ったムーミンバレーパークは、自然たっぷりの湖畔でフォトジェニックな写真を撮りたい人、子どもに楽しく遊んでもらいたいファミリー向きのテーマパークだ。
ギャラリーページ