• ホーム
  • トレンド
  • +メッセージの利用者数が3000万人突破、記念キャンペーン実施

+メッセージの利用者数が3000万人突破、記念キャンペーン実施

 NTTドコモ、ソフトバンクKDDIは12月8日に、携帯電話番号だけでメッセージのやりとりができる「+メッセージ」の利用者数が、10月末時点で3000万人を突破したことを発表した。3社は、これを記念して「みんなで使おう!招待キャンペーン」を12月8日~2023年1月20日10時の期間に実施する。

「+メッセージ」を使ったことがない人を招待することで特典がもらえるキャンペーン

 「みんなで使おう!招待キャンペーン」では、期間中に「+メッセージ」を利用している人が、まだ「+メッセージ」を利用していない人を紹介することで、招待した人と招待された人それぞれに特典としてポイントが付与される(特典の内容は携帯電話会社によって異なる)。

 招待は「+メッセージ」アプリから公式アカウント「招待(プラメ)」へアクセスすることによって送信可能で、招待された人が招待コードを受け取り、「+メッセージ」利用開始後に「招待(プラメ)」から招待コードを入力することで、特典対象となる。

 ソフトバンクは、「ソフトバンク」「ワイモバイル」「LINEMO(ラインモ)」ユーザーが対象で、1人招待した人全員に100ポイントのPayPayポイント、2人以上招待した人の中から抽選で10人に1万ポイントのPayPayポイント、1000人に100ポイントのPayPayポイントが付与される。また、招待された人の中から先着5000人に100ポイントのPayPayポイントが付与され、5001人目以降は抽選で2000人が100ポイントのPayPayポイント付与対象となる。

 NTTドコモは、「ドコモ」(ahamo含む)またはドコモ回線を利用するMVNOユーザーが対象で、1人招待した人全員に100ポイントのdポイント(期間・用途限定)、2人以上招待した人の中から抽選で10人に1万ポイントのdポイント(期間・用途限定)、4000人に100ポイントのdポイント(期間・用途限定)が付与される。また、招待された人全員が、100ポイントのdポイント(期間・用途限定)をもらえる。

 KDDIは、「au」「UQ mobile」「povo」ユーザーが対象で、1人招待した人全員に100Pontaポイント、2人以上招待した人の中から抽選で10人に1万Pontaポイント、4000人に100Pontaぽんとが付与される。また、招待された人全員が、100Pontaポイントの付与対象となる。

オススメの記事