• ホーム
  • トレンド
  • プラスチックボトルを使用しない固形シャンプー「purebar」 新宿・表参道で「ピュア泡」をPR

プラスチックボトルを使用しない固形シャンプー「purebar」 新宿・表参道で「ピュア泡」をPR

暮らし

2022/12/06 19:30

 wellievが展開する固形シャンプーブランド「purebar(ピュアバー)」は、12月5日から、高純度で固形化した固形シャンプーだからこそ実現できた超濃密な泡による体験価値にフォーカスした「ピュア泡」キャンペーンを開始した。オンライン・オフラインのさまざまな媒体を横断した広告展開やポップアップストアでの体験施策、プレゼントキャンペーンなど、「ピュア泡」というテーマのもと施策を展開する予定。第一弾施策として、東京メトロ新宿三丁目駅・表参道駅での交通広告を展開する。

ボタニカルにこだわった固形シャンプー「purebar」

 プラスチックボトルを使用しないサステナブルコスメとして固形シャンプー(シャンプーバー)への注目が高まっている。

 その中で「purebar」は、今年5月の発売以降、ボタニカルにこだわった固形シャンプーとして全国のロフト、ハンズ(旧・東急ハンズ)やAmazon、楽天市場などでシャンプーの新たな選択肢としてユーザーを拡大してきた。今回、その最大の特徴である超濃密な泡にフォーカスをした「ピュア泡」キャンペーンを開始する。

 固形シャンプーの商品カテゴリでは、これまでサステナブル文脈での情報が先行してしまい、ヘアケア商品としての品質に関する情報が消費者に伝わりきっていなかった。「ピュア泡」キャンペーンは洗浄・美容成分を高純度で固形化したからこそ実現できた「purebar」独自の超濃密な泡によるヘアケアの体験価値にフォーカスし、固形シャンプーの新たな価値を伝えるキャンペーンとなっている。

 通常の液体シャンプーは約50~70%が水分といわれているが、「purebar」では水分量を約13~15%まで抑え、植物由来アミノ酸系洗浄成分と9種の和漢植物エキスを中心とした美容成分を高純度で固形化することによってきめ細かく超濃密な泡立ちを実現している。泡が髪の一本一本をしっかりと包み込むため、髪同士が擦れて起こる摩擦ダメージを最小限に抑えながらやさしく洗い上げることが可能。弱酸性の植物由来アミノ酸系洗浄成分を採用したことで、頭皮に対しては刺激を与えず余分な皮脂を洗い上げる設計となっている。また、高純度で配合された美容成分が髪に密着したきめ細かな泡から浸透することでコンディショナー不要の仕上がりとなっていることも大きな特徴。

 12月から2023年にかけて行われるキャンペーンでは、超濃密な泡による体験価値をYoutubeや各種SNSでの動画広告、雑誌広告、交通広告などオンライン・オフライン横断で伝達するとともに、「ピュア泡」を実際に体験できる場としてポップアップストアや体験促進のためのプロモーション・プレゼントキャンペーンを予定している。施策第一弾として、12月5日から東京メトロでの交通広告を展開中。スケジュールは、12月5日から11日が新宿三丁目駅、12月12日から18日が表参道駅となる。
ギャラリーページ

オススメの記事