• ホーム
  • トレンド
  • ビックカメラ、無意識に体重管理ができる「スマートバスマット」を販売 千葉駅前店では店頭展示も

ビックカメラ、無意識に体重管理ができる「スマートバスマット」を販売 千葉駅前店では店頭展示も

販売戦略

2022/11/01 18:30

 ビックカメラは11月4日に、無意識に体重を管理できる「スマートバスマット」(issin製)の販売を開始する。家電小売店としては初めての試み。なお、11月1日にオープンした「ビックカメラ千葉駅前店」(千葉県千葉市)では、オープン初日から店頭展示を実施している。カラーは、グレー、ダークグレー、グリーンの3色。価格は1万6980円。

スマートバスマット

 スマートバスマットは、バスマットと体重計を一体化した新しい製品で、風呂上がりにバスマットに乗るだけで体重測定が可能で、測定値はスマートフォンの専用アプリに自動で記録される。
 
測定した体重は専用のスマートフォンアプリに自動で記録される

 一般的な体重計での、乗る・測る・記録するという手間から解放され、意識することなく体重を測定・記録できるので、体重の変化をストレスなく確かめられる。また、測定した体重の、家族間での共有にも対応している。

 家族1人ひとりの体重を、目的別に管理することが可能な体重管理モードを備えており、「ダイエットモード」「健康維持モード」「プライベートモード」「チャイルドモード」「リモートモード」などを用意する。また、将来的にはオプションで医師によるオンライン診断や、パーソナルトレーナーとの連携も検討している。
 
シンプルなデザインでカラーは3色を用意

 本体はシンプルな見た目で、体重が表示されないので、一般的な体重計のように自分の体重を見てストレスを感じることはない。バスマット部分には、肌触りのよい珪藻土入りの素材を採用し、速乾性に優れカビや細菌の繁殖を防ぐほか、消臭効果も備える。なお、スマートフォンとの接続には無線LANを使用する。

オススメの記事