• ホーム
  • トレンド
  • 三井住友カード(NL)シリーズでいつでも5%還元! サイゼリヤ・はま寿司・かっぱ寿司など全ての対象店舗をまとめて紹介!

三井住友カード(NL)シリーズでいつでも5%還元! サイゼリヤ・はま寿司・かっぱ寿司など全ての対象店舗をまとめて紹介!

 三井住友カードのナンバーレス(NL)シリーズの「5%ポイント還元」の対象店舗が2022年10月1日から大幅に増えた。従来は「コンビニ派」におすすめのクレジットカードだったが、今後は「コンビニ・外食派」に強くおすすめできる1枚となった。今回は、以前から対象のコンビニ3社・マクドナルドを含め、対象店舗を紹介しよう。なお紹介順は、記者の自宅から近い順となっている。

「いつもの利用でポイント最大5%還元!」が10月から拡大

全国有名飲食チェーン・大手~中堅コンビニが対象に

 まず、三井住友カード独自のサービス「いつもの利用でポイント最大5%還元!」の概要を紹介しよう。対象カードは、ナンバーレスシリーズの三井住友カード(NL)/三井住友カード ゴールド(NL)/三井住友カード(CL)と今回新たに加わったスタンダードシリーズで、利用金額の合計200円につき、SMBCグループの共通ポイント「Vポイント」で決済額の最大5%(通常分0.5%+上乗せ分合計4.5%)が進呈される。
 
ポイント還元例

 対象店舗でカードや設定済みスマートフォンをかざして決済する「Visaのタッチ決済/Mastercardコンタクトレス」で支払った場合のみ最大の5%還元となり、カードを差し込む、iDで支払うなど、非接触IC(タッチ)決済以外の場合は、2.5%の上乗せ対象外のため最大2.5%還元となる。また、各種スタンダードカードの場合、セブン‐イレブン、ファミリーマートローソンでは支払方法を問わず最大2.5%還元となるため、新規入会するならナンバーレスシリーズがおすすめだ。
 
いま最もおすすめのクレジットカード「三井住友カード ゴールド ナンバーレス」

1.ファミリーマート(ファミマ)

 ファミリーマートは、サービス開始当初から対象店舗だった。公式アプリ「ファミペイ」はアプリ上で複数のポイントサービスを登録でき、決済方法を問わず、有人レジ・セルフレジでファミペイアプリを提示するとアプリ上で設定したdポイント/楽天ポイント/Tポイントのいずれかがたまる。

2.かっぱ寿司

 コロワイドグループのカッパ・クリエイトが運営する「かっぱ寿司」は、一部の店舗で自身のスマートフォン(スマホ)で注文できるスマホオーダーを導入しており、最新のIT技術や飲食オンライン予約・デリバリーなど、新しいサービスを積極的に取り入れている。共通ポイントサービスは「dポイント」のみで、店内飲食時の会計時にdポイントカード・アプリを提示するとdポイントがたまる。
 
回転寿司チェーン「かっぱ寿司」(2022年10月追加)

3.ローソン(ナチュラルローソン・ローソンストア100・ローソンスリーエフ含む)

 アプリ限定「お試し引換券」が「ポイ活」好きに人気のローソン。レジでポイントカードを提示するとdポイント/Pontaポイントのいずれかがたまる。

4.すき家

 ゼンショーグループの「すき家」は、多彩なキャッシュレス決済サービスに対応しており、過去には決済アプリ内のミニアプリのテイクアウト限定キャンペーンも実施していた。レジでポイントカードを提示するとdポイント/楽天ポイントのいずれかがたまる。
 
3大牛丼チェーンの一つ、「すき家」

5.サイゼリヤ

 かつての「現金のみ」の印象が強いが、21年4月9日以降、クレジットカード・交通系電子マネーを利用可能になった(一部店舗を除く)。22年6月には、利用可能なクレジットカードに「JCBカード」も追加している。サイゼリヤは、今回の「最大5%還元」の対象店舗追加の目玉といえるだろう。

6.セブン-イレブン

 ファミペイアプリやローソンアプリに比べると分かりにくいがセブン-イレブンアプリを提示するとセブンマイルがたまる。過去にはセブン-イレブンアプリ内のPayPay利用で最大の還元率を適用するキャンペーンを実施しており、面倒でもセブン-イレブンアプリは登録しておこう。

7.はま寿司

 競合が不祥事を起こしたため、相対的に人気が高まっていると思われる「はま寿司」。店内飲食・テイクアウト(店頭注文)時にポイントカードを提示するとdポイント/楽天ポイントのいずれかがたまる。
 
回転寿司チェーン「はま寿司」(2022年10月追加)

8/9.ドトールコーヒーショップ&エクセルシオール カフェ

 駅前などに多いドトールコーヒーとエクセルシオール カフェは、会計時にポイントカードを提示するとdポイントがたまる。ただし、ドトール バリューカードで支払う場合はdポイントをためることはできず、代わりにバリューカードのポイントがたまる。

10.マクドナルド

 今なお新規出店や、既存店の「マックカフェ バイ バリスタ」併設店舗への改装など、勢いの続くマクドナルド。最近、ドライブスルーでの受け取りも可能になった、ウェブサイト・公式アプリでの「モバイルオーダー」のほうが楽だが、「5%ポイント還元」は店頭決済時のみなので注意しよう。レジ・ドライブスルー窓口でポイントカードを提示するとdポイント/楽天ポイントのいずれかがたまる。

11.ココス

 ゼンショーグループのココスジャパンが運営するファミリーレストラン「ココス」は、22年7月にポイントサービスを「ココスマイレージ」にリニューアル。税込100円ごとに100ポイントたまり、獲得したポイントに応じて特典がゲットできる。別途、ポイントカードを提示するとdポイント/楽天ポイントのいずれかがたまる。


12.ポプラ(生活彩家も含む)

 大手3大コンビニを追いかける中堅コンビニ。会計時にdポイントカードを提示するとdポイントがたまる。なお、一部店舗はローソン・ポプラまたはローソンに転換予定。

13.セイコーマート(タイエー、ハマナスクラブ、ハセガワストア含む)

 北海道、茨城県、埼玉県に出店する中堅コンビニ。最大5%還元はよく利用する人にとっては朗報だ。
 

 自宅や勤務先、よく行く駅・スポットの近隣に上記の1~13のコンビニ・飲食店があり、すでに頻繁に利用している人、最大5%還元なら頻繁に利用しても良いと思っている人は、対象の三井住友カードに入会してカードやスマートフォンをかざして決済する「Visaのタッチ決済/Mastercard コンタクトレス」を利用するだけで、現金払いより後日戻ってくるポイント分だけもれなく得する。光熱費から外食までさまざまな商品・サービスの値上げが続くいま、クレジットカードを作る、決済方法を変える、この二つの手間だけで得する手段を見逃すのはもったいないだろう。見方を変えると、1~13のコンビニ・飲食店を一切利用しない人は入会するメリットはない。

※本記事は2022年10月20日時点の情報です。最新の情報は公式サイト・アプリでご確認ください。
ギャラリーページ

オススメの記事