• ホーム
  • トレンド
  • 成城石井、国産「紅はるか」のペースト使った「焼きいもバター」

成城石井、国産「紅はるか」のペースト使った「焼きいもバター」

グルメ

2022/10/06 19:30

 成城石井は10月4日、「成城石井 焼いもバター 155g」を発売した。「成城石井オンラインショップ」での価格は691円。

成城石井 焼いもバター 155g
 

“蜜芋”になるまで2カ月間貯蔵、クロワッサンとの相性もいい

 「成城石井 焼いもバター 155g」は、糖度が高く、しっとりとした食感の国産さつまいも「紅はるか」のペーストを使用する。

 収穫したさつまいもを、でんぷんが糖に変換されて甘みが増した“蜜芋”と呼ばれる状態になるまで、2カ月間貯蔵して甘みを最大限に高める。そしてペースト状に加工する前にガスオーブンで焼くことで、蒸したさつまいもペーストでは味わえない香ばしさを引き出した。

 さらに、焼いもを食べているかのようなほっくりとした食感にこだわって、瓶に充填できるギリギリの粘度で製造しているため、機械での充填が難しく、一本一本手作業で充填している。
使用イメージ

 甘さだけでなく香ばしさもあるので、クロワッサンなどバターを多く使用しているパンとも相性がよく、よりリッチな味わいを楽しめる。また、パンケーキやアイスクリームとの使用にも適している。
 

オススメの記事