• ホーム
  • トレンド
  • 成城石井、神奈川・大和市の新セントラルキッチンが本格稼働 デザート品目は2倍 総菜品目は2割増に

成城石井、神奈川・大和市の新セントラルキッチンが本格稼働 デザート品目は2倍 総菜品目は2割増に

経営戦略

2022/08/01 11:30

 成城石井は8月に、新設備「成城石井 大和第3セントラルキッチン」(神奈川県大和市)を本格稼働することを発表した。

成城石井 大和第3セントラルキッチンの外観

 成城石井 大和第3セントラルキッチンは、4月に竣工した同社の基幹キッチンであり、和食・洋食・中華・エスニックの惣菜などを製造する第2セントラルキッチンと、パンやデザートの製造を行っている第1セントラルキッチンの機能を集約して、既存商品の製造量増とともにり多種多様な商品ラインナップの実現を目指している。
 
内部の様子

 面積は約3000坪と、従来の2拠点の合計と比較して約1.8倍の広さとなり、製造能力も現在の200店舗から約400店舗分と、2倍に向上する。

 セントラルキッチンの料理人たちが大切にしてきた、あえての手作業による工程は維持しつつ、新設に合わせで調理設備を新規導入し、新しいカテゴリーの商品開発にも着手する。今後は、ピザ、生パスタ・中華麺といった自家製麺、小籠包など新しいカテゴリーの自家製商品が続々登場するほか、焼き菓子やホールケーキ、ゼリー、パウンドケーキなどのデザート品目の拡充も予定しており、2022年に100品目以上の新商品開発を目指している。

 従来は、設備やスペースの不足といった問題のためパートナー企業と協力して製造していた分野についても、新たな自社製造システムの推進が可能になることで、自社製造比率を現在の約20%前後から、今後3年間で約30%への到達が見込まれる。

 なお、同社は第1セントラルキッチンと第2セントラルキッチンのある東京都町田市にて、地域の子どもたちを招いた「まちだこどもふれあい祭り」で農業体験などの食育活動に取り組んできた。今回、本格稼働する第3セントラルキッチンのある神奈川県大和市でも、地域住民とのふれあいを通じて、食育や健康増進活動といった食を通した豊かな社会を築く活動を実施していく。また、地域住民の雇用促進を目的に、操業開始時に大和市エリアから約300名前後の採用を行う。
 
町田市で行われた地域の子どもたちとのふれあいの様子

オススメの記事