• ホーム
  • トレンド
  • 「羽生結弦」「ジャニーズWEST」などが躍進! 7~9月の「インフルエンサーパワーランキング by BitStar」

「羽生結弦」「ジャニーズWEST」などが躍進! 7~9月の「インフルエンサーパワーランキング by BitStar」

暮らし

2022/10/06 10:00

 BitStarは、独自の分析ツール「IPR(インフルエンサーパワーランキング)」のデータに基づき、7~9月に活躍した動画クリエイターや動画チャンネルのランキングを発表した。


 「チャンネル総再生数ランキング」は、7月1日~9月23日にYouTubeに投稿された動画で、同期間に多く再生されたチャンネルのランキング。インフルエンサー・アナリストの大山純平氏は、「2022年上半期ランキングで3位だった『Sagawa / さがわ』さんが見事1位となった。登録者数は1300万人を超え、約半年で300万人以上の伸びを見せた。縦型・短尺のショート動画では、海外コンテンツへのリアクション動画が1000万回超えを連発し、グローバルなファン層の厚さを見せつけた」と解説している。

 また、「2022年上半期ランキングから引き続き、ショート動画クリエイターが上位を席巻した。5位の朝倉未来さんの切り抜きは特例だが、古参のグループクリエイターはショート動画(グループではなくソロでの投稿)にも力を入れており、チャンネル内で通常動画とショート動画の差別化を図っていることがうかがえる」と総括している。

 「動画再生数ランキング」は、7月1日~9月23日にYouTubeに投稿された、ショート動画(YouTube Shorts)を除く動画1本あたりの再生数のランキング。大山氏は、「7月6日に公開されたAdoさんの『逆光』のMVが1位になった。興行収入150億円を超えた映画『ONE PIECE FILM RED』の挿入歌として、歌手・Vaundyさんが書き下ろした曲になっている。コメント欄から、世界中にワンピースとAdoさんのファンがいることがうかがえる」と解説している。

 また、「トップ10のうちMVが六つ、CM動画が四つランクインする結果となった。MVはONE PIECE REDに関係するAdoさんの3曲がランクインしており、複数のメディア・プラットフォームで相乗効果を生む企画力の強さがうかがえる」と総括している。

 「新規開設チャンネルランキング」は、7月1日~9月23日に新しく開設されたYouTubeチャンネルの、同期間内での登録者数のランキング。大山氏は、「1位はフィギュアスケーター・羽生結弦さんのチャンネルがランクインした。8月7日にチャンネルを開設し公開済みの動画は2本とライブ配信のアーカイブが1本だが、世界中の根強いファンからの支持が感じられるコメントが見受けられ、特に中華圏のファンからのコメントが多く目立っている」と解説している。

 「タイアップ動画ランキング」は、7月1日~9月23日に投稿されたタイアップ動画(広告コンテンツ)で、同期間に多く再生されたランキング。大山氏は、「2022年上半期ランキングで2位だったSHEINが1位になった。動画の内容は購入品紹介が中心で、ライフスタイル系に加え、エンタメ系・美容系・カップル系と幅広いジャンルのクリエイターを起用し、約160本の動画を投稿。起用クリエイターの登録者数も数万人から100万人規模とさまざまで、ターゲットを拾い落とさないよう設計されていることが見受けられる」と解説している。

 「ショート動画ランキング」は、7月1日~9月23日に投稿された1分以内のショート動画「YouTube Shorts」で、同期間に多く再生されたランキング。大山氏は、「1位は『ISSEI / いっせ』さんのボディパズル動画が群を抜いて1億回超えの再生に。世界中のファンからリアクションがあり、グローバルなショート動画戦略が成功していることがうかがえる」と解説している。

 BitStarが独自開発する「IPR」では、YouTube、Instagram、TikTokを中心に50万人以上のインフルエンサーデータを保有している。TikTokについては、近日登録者の想定男女比や想定年齢比を実装する予定。
 

オススメの記事