• ホーム
  • トレンド
  • 「マイナンバーカード交付申請書」を再々送付 キャリアショップで申請手続きを支援

「マイナンバーカード交付申請書」を再々送付 キャリアショップで申請手続きを支援

時事ネタ

2022/07/27 18:00

 総務省と地方公共団体情報システム機構(J-LIS)は、2022年度末までにほぼ国民全員の取得を目標とするマイナンバーカードの申請促進のため、まだマイナンバーカードを取得していない人(5500万人)を対象に、オンライン申請が可能な「マイナンバーカードの申請用紙(交付申請書)」を7月26日から9月上旬にかけて順次送付する。今回の送付は再々交付となり、以前に受け取った交付申請書が手元にあれば、そちらを使って先に申請することも可能だ。

マイナンバーのイメージキャラクター「マイナちゃん」

 マイナンバーカードは12桁のマイナンバー(個人番号)が記載されたICチップ付きのカードで、対面でもオンラインでも安全・確実に本人確認を行えるデジタル社会の基盤となるツールに位置づけられる。また、証券口座開設や金融商品の購入にあたり、マイナンバー確認書類の提示が求められており、通知カード(2020年5月25日廃止)や、1通ごとに発行手数料のかかるマイナンバー記載の住民票より、プラスチック製のマイナンバーカードのほうが使い勝手がいい。
今回送付するマイナンバーカード交付申請書の概要

 なお、J-LISが送付する交付申請書を使った郵送申請やオンライン申請の場合、申請後、市役所などの指定の場所に出向き、本人確認を経てマイナンバーカードを受け取る必要がある。一方、市役所や商業施設内のマイナンバーカード出張申請スポットで申請し、申請時に本人確認が完了している場合は、「本人限定受取郵便」で後日カードが届く流れとなる。

【参考記事】
ドコモ、auソフトバンクの各キャリアショップで「マイナンバーカード」の申請支援スタート
https://www.bcnretail.com/market/detail/20220726_289324.html