• ホーム
  • トレンド
  • 国内最大級の品揃え「無印良品 広島アルパーク」4月22日オープン ヘアケア製品の量り売りも開始

国内最大級の品揃え「無印良品 広島アルパーク」4月22日オープン ヘアケア製品の量り売りも開始

暮らし

2022/03/30 08:00

 良品計画は、広島県西区の複合商業施設「ALPARK(アルパーク)」内に世界最大の大型店「無印良品 広島アルパーク」を4月22日にオープンする。
 

4月22日オープン予定の「無印良品 広島アルパーク」ではヘアケア製品の量り売りを開始

 同店は、国内最大級の品揃えを提供する店舗となり、地域に根差した商品やサービスを提供する。無印良品で初めて容器の削減につながるシャンプーなどのヘアケア製品の量り売りを開始する。また規格外などの理由で未利用だった木材を活用した家具の販売も開始し、SDGs未来都市である広島県における地球資源の循環化および資源効率の最大化を目指す。

 無印良品は、無印良品の基本となるすべての商品とサービスを提供する大型店舗を「生活全部店」と位置付けている。同店は「無印良品 東京有明」に続く2店舗目の「生活全部店」で、国内最大級の品揃えとなる。
 
売り場イメージ

 また、無印良品のPET詰め替えボトルや手持ちの容器を使用することで、資源を有効活用しながら無印良品のシャンプー、コンディショナーとボディソープ、ハンドソープを必要な分だけ購入できる量り売りを開始する。広島県は2021年6月に「2050年までに瀬戸内海の新たな海洋プラスチックごみをゼロにする」と宣言するなどプラスチックごみが漂うことのない瀬戸内海を実現するべく取り組みを進めている。良品計画は、本サービスを通じて容器の削減を目指す。

 さらに、未利用資材を活用した取り組みとして、製材の過程ではじかれる木材を活用した家具を販売する。広島県は木材・木製品の製造が盛んで、木材・木製品の出荷額が全国4位となっており、未利用材も多く発生している。規格外のサイズ、色、形などの理由で利用されていなかった未利用材を活用することで資源を有効活用する。

 「無印良品 広島アルパーク」の住所は広島県広島市西区井口明神1丁目16番1号 アルパーク西棟1-2F、売場面積は約6180平方メートル、営業時間は10時~20時。

オススメの記事