• ホーム
  • トレンド
  • 日本初の「Yogiboシート」にくつろいで映画鑑賞できる「TOHOシネマズ ららぽーと福岡」がオープン

日本初の「Yogiboシート」にくつろいで映画鑑賞できる「TOHOシネマズ ららぽーと福岡」がオープン

販売戦略

2022/03/01 20:05

 TOHOシネマズは、三井不動産、九州電力、西日本鉄道が事業を推進する「三井ショッピングパーク ららぽーと福岡」内に9スクリーン、1322席のシネマコンプレックス「TOHOシネマズ ららぽーと福岡」を4月25日にグランドオープンする。
 

日本初の「Yogiboシート」イメージ

 TOHOシネマズ ららぽーと福岡では、TOHOシネマズ独自規格のハイスペックシアター“プレミアムシアター”(福岡県初)を二つのスクリーンに配置した九州初の「Wプレミアムシアター」と、同じく九州初となるスクリーン前に特徴的なウーハーを設置した「轟音シアター」を導入する。また、TOHOシネマズ初の試みとして、座席スペースが通常の約1.3倍に広くなる両肘付きシートを全一般席に採用するなど、最高の鑑賞環境を整えている。

 そして今回、さらなる試みとして、映画館への採用は日本初となる「Yogibo(ヨギボー)シート」の導入が決定した。Yogiboは、ビーズソファをはじめインテリア家具・生活雑貨などリラックスアイテムを取り扱うライフスタイルブランド。Yogiboのビーズソファは、従来型のビーズクッションとは異なり、ひとつでベッド・ソファ・リクライニングチェアなど、用途に合わせて形状を自由に変化させることができる。このYogiboをシアターに合わせた形にカスタマイズした新感覚のシートを、TOHOシネマズ ららぽーと福岡(SCREEN 2)に映画館としては日本で初めて導入する。
 
九州初の「モバイルチケット」サービス導入

 このほか、顧客の利便性を高めることになる「モバイルチケット」サービスや「ドリンクステーション」も九州初導入し、よりストレスなく様々なコンテンツを楽しめる映画館を目指す。

オススメの記事