• ホーム
  • トレンド
  • マネックスカード投信積立 ポイント還元率1.1%で開始 NISA・つみたてNISA対応

マネックスカード投信積立 ポイント還元率1.1%で開始 NISA・つみたてNISA対応

 マネックス証券は、主要ネット証券のクレジットカード投信積立サービスで最大となる、ポイント還元率1.1%の「マネックスカード投信積立サービス」を2022年2月25日に開始する。あわせて三つのキャンペーンを開始する。

事前に予告していた「マネックスカード投信積立」サービスをスタート

 SBI証券が「クレカ積立」、楽天証券が「楽天カードクレジット決済」と呼ぶ、投信信託のカード決済と仕組みは同じ。アプラスとの提携クレジットカードであるマネックスカードの決済で投信積立を購入すると、マネックスポイントで約定金額の1.1%を還元する。
 
マネックスカード投信積立サービス概要(予定)

 投資積立は原則1000円以上1円単位で、毎月合計5万円が上限。毎月積立設定のみ対象で、毎日つみたて、ボーナス設定は対象外。対象口座は特定/一般、NISA、つみたてNISA。初回申込締切日は22年3月9日、初回マネックスポイント付与日は22年4月下旬。
 
マネックスポイントがたまるマネックスカード

 マネックスカードは、独自のマネックスポイントがたまるJCBブランドのカードで、たまったマネックスポイントは、株式手数料への充当のほか、グループ会社のコインチェック仮想通貨やAmazonギフト券、Tポイント、dポイント、Pontaポイントなどに交換できる。発行条件は、マネックス証券の口座を保有していること。年会費は初年度無料、次年度以降が550円だが、マネックスカード投信積立サービスを含む年1回以上の利用で無料となる。
 
主要ネット証券のクレジットカード投信積立 ポイント還元率比較表

 投信積立サービス開始を記念した三つのキャンペーンは、アプラスの主催で2月7日~5月31日に実施。新規入会でもれなく500ポイント、誰でも期間中に合計10万円を利用すると1500ポイント、カード発行後初めての「Apple Pay」の設定でもれなく200ポイントをそれぞれプレゼントする。

オススメの記事