• ホーム
  • トレンド
  • JR東日本、満員電車の解消に向け実証実験 スマホにメッセージ配信

JR東日本、満員電車の解消に向け実証実験 スマホにメッセージ配信

販売戦略

2022/01/24 18:00

 JR東日本NTTドコモ、NTTは、鉄道を利用する人に混雑を避ける行動を効果的に促す技術(行動変容促進技術)の有効性を検証するための共同実験を、1月24日から3月31日まで実施する。

共同実験のイメージ

 今回の共同実験では、モニターとして募ったJR山手線を利用する人を対象に、行動変容を促すメッセージをスマートフォンに配信することによって、列車や駅の混雑を避ける行動を促すとともに、実際に行動変容につながったかを検証する。

 具体的には、人々の行動変容を促す行動変容促進技術を活用したスマートフォンへのメッセージ配信によって、列車や駅の混雑時間を避ける行動や、徒歩や自転車(バイクシェア)などの代替移動手段を利用する行動を促す。さらに、こうした働き掛けと実際の行動変容の関連性を分析することで、鉄道の混雑解消における行動変容促進技術の有効性を検証していく。

 JR東日本NTTドコモ、NTTの3社は、この共同実験で得られる成果を活用して行動変容促進技術のさらなる高度化を図るとともに、多様な個々人のニーズと社会全体の課題(混雑解消、安心・安全、経済成長、脱炭素など)にバランスよく対応する移動環境の実現に資する技術開発を進め、より大規模な実証実験の実施や商用サービス化を目指す。
 

オススメの記事