ECは即日完売した「100円おせち」、店頭販売は12月25日から

販売戦略

2021/12/15 15:30

 ローソンストア100は12月15日に「100円おせち」のEC受注を開始。初めての試みだったが、即日で予定分を完売した。店頭では全国のローソンストア100(店舗数:671店舗/10月末現在)で12月25日に販売開始する。

ローソンストア100の「100円おせち」。
EC分は12月15日の受注開始日に完売した

 「100円おせち」は、かまぼこや伊達巻、栗きんとんに黒豆と、おせちの定番はもちろん、ふぐやのどぐろなど高級食材を使用した蒲鉾、お酒を飲む機会が増えるお正月に、おつまみとしてもぴったりなものまで、全40種類を展開。食べきりサイズということもあり、少人数の家庭や、好きなものを好きなだけ食べたい人、おせちセットの買い足しなど、手軽に幅広く使える。

 今年は、3種類の新商品を追加。目玉は、高級食材である「味付けあわび」。醤油ベースで味付けしたあわびが、殻つきで丸ごと一つ入っている。また、毎年人気No.1である「伊達巻」に、今年は栗のペーストを配合した「栗風味伊達巻」が仲間入りした。しっとりとした口当たりと、ふんわり漂う栗の風味は、まるでスイーツのよう。甘めの味付けで、子どもにも喜ばれる味わいとなっている。
 
新商品の「味付けあわび」
 
「栗風味伊達巻」

 最後は、おせちがパッと明るくなるような「長呂儀(ちょろぎ)」。これは、顧客からの声を受け、商品化が実現したもの。「長呂儀」は、縦向きにすると“寿”という字に似ていることから、長寿を願いおせちに使われている。歯ごたえもよく、ほどよい酸味がさわやかな商品となっている。
 
「長呂儀(ちょろぎ)」

 なお、全種類・各一つずつをお重に盛り付けると、豪華な5段重ができあがる。100円×40種類ということで、全部で4000円(税込4320円)で完成する。もっと気軽におせちを楽しみたい人は、基本10種類のおせちを使用した「ワンプレートおせち」がオススメ。そのほか、「あわび入り 高級食材5種盛り」、「アフタヌーンティー風おせち」といった、いつもとは違ったおせちが楽しめる盛り付けアイデアも、ホームページで紹介している。

オススメの記事