• ホーム
  • トレンド
  • ユニクロ、スポーツ×ゴミ拾い!? 拾ったゴミの量を競いながら地域貢献

ユニクロ、スポーツ×ゴミ拾い!? 拾ったゴミの量を競いながら地域貢献

時事ネタ

2021/10/21 12:00

 ユニクロは、地域の人々とともに行う社会貢献活動の新たな取り組みとして、ごみ拾いをスポーツ感覚で楽しむ「スポGOMI×UNIQLO」を、11月6日にユニクロ 京都河原町店(京都府京都市)で、11月13日にユニクロ ゆめタウン高松店(香川県高松市)で開催する。

「スポGOMI×UNIQLO」の参加者にプレゼントされる
オリジナルユニフォーム

 「スポGOMI」は、2008年にソーシャルスポーツイニシアチブが開始した活動で、チーム制でごみ拾いを行い、制限時間内に拾ったごみの量や質を競う。

 ユニクロは、同取り組みを「スポGOMI×UNIQLO」として、全国のユニクロ店舗の周辺で開催し、近隣に住む人たちとともに行うことで、地域に根差したコミュニティづくりを目指す。また、参加者にはオリジナルのユニフォームをプレゼントする。

 2021年冬には、ユニクログローバルブランドアンバサダーの国枝慎吾選手をゲストに迎えたイベントも予定している。

 参加応募は、「スポGOMI×UNIQLO」特設サイトで受け付けており、応募期間は10月15日~29日。定員は各回30チーム(1チーム3名まで)で、定員に達し次第締め切りとなる。

 ユニクロ 京都河原町店での開催、ユニクロ ゆめタウン高松店での開催ともに、開催時間は8時30分~9時45分(8時集合)。

オススメの記事