• ホーム
  • トレンド
  • 岩下の新生姜が新パッケージ! 類似品対策でデザイン刷新、イワシカが目印

岩下の新生姜が新パッケージ! 類似品対策でデザイン刷新、イワシカが目印

販売戦略

2021/09/02 11:30

 岩下食品は9月8日に、同社「岩下の新生姜」の袋入り3商品(80g、ボリュームパック130g、ファミリーパック200g)のパッケージデザインと包装形態をリニューアルして出荷を開始する。

「岩下の新生姜」がパッケージデザインと包装形態を一新

 「岩下の新生姜」のパッケージデザインと包装形態のリニューアルは、近年「岩下の新生姜」の類似品が数多く流通し、岩下食品による正規品と誤認した購入者から同社へ、または類似品を販売する小売店に多数申し出が寄せられるなど、消費者や販売小売店に支障のある事例が発生していることを受けて行われた。

 1987年の発売以来続けてきた、巾着タイプから平袋へ変更するとともに、視認性・エコロジー・キャラクター使用など、消費者からの声を反映した新パッケージへリニューアルする。

 環境面では、巾着タイプから平袋への変更によって、包装をシンプルにし、ごみ分別をしやすくしている。巾着の留め具をなくすことで、年間約1トンのプラスチック使用量を削減できるという。

 さらに、「岩下の新生姜」新公式キャラクターであり、岩下の新生姜ミュージアムで一番人気コンテンツである「ジンジャー神社」を護る“狛鹿”の「イワシカちゃん」がパッケージに掲載され、類似品との識別を容易にしている。
 
「岩下の新生姜」新公式キャラクターの「イワシカちゃん」(上)と、
「ジンジャー神社」を護る「イワシカちゃん」の勇姿

オススメの記事