• ホーム
  • トレンド
  • いよいよ8月27日から!東京都の若者対象「予約なしワクチン接種」 持参するものは?

いよいよ8月27日から!東京都の若者対象「予約なしワクチン接種」 持参するものは?

時事ネタ

2021/08/26 11:38

 東京都は8月27日から、16~39歳で都内在住、在勤・在学する若者を対象に、予約なしでワクチン接種が受けられる「東京都若者ワクチン接種センター」での接種を開始する。接種を受けるには(1)区市町村から送付された接種券(クーポン券)の原本、(2)身分証(運転免許証、健康保険証、マイナンバーカード、パスポートなど)――の2点の持参が必要。接種券は予防接種済証がセットになっており、接種券のシールははがさずに、そのまま持っていく。

渋谷区立勤労福祉会館2階の「東京都若者ワクチン接種センター」で実施(画像はイメージ)

混雑時は整理券配布のケースも

 東京都若者ワクチン接種センターは、渋谷区立勤労福祉会館の2階に開設。1日200人程度で費用はかからない。接種ワクチンはファイザー製となる。

 受付開始は11時50分。この時刻より前に多くの人が待機する場合、時間指定の整理券を配布する場合がある。なお、館内に待機場所はなく、待つ場合は建物の周辺となるため、東京都では熱中症予防等の観点から、早い時刻からの来場は極力控えるようにと促す。また、レジャーシート等の物による場所取りは禁止だ。

 整理券の配布時に、接種券と本人確認などをするため、本人以外は整理券を受け取ることができない。当日の接種枠の空き状況は、Twitter(@tocho_vaccine)でわかる。
 
接種券(クーポン券)の原本と身分証の持参が必要

 ワクチンは2回接種する必要があり、1回目と2回目とも同接種センターで接種する。2回目の接種日は、1回目の接種後に決め、1回目の3週間後の同じ曜日・同じ時間帯の指定となる。

 年齢は1回目の接種日が基準となるため、1回目接種の時点で39歳であれば、2回目接種の時点で40歳になる人でも対象となる。
 
「東京都若者ワクチン接種センター」の開設期間

 接種センターの開設期間は8月27日~10月8日までとなっており、1回目接種が8月27日~9月16日、2回目接種が9月17日~10月8日となる。期間中は、土・日・祝日を含めて毎日実施するが、休館日の毎週月曜日と9月12日(日)、10月3日(日)は除く。運用時間は12~20時(最終受付19時30分)まで。

オススメの記事