• ホーム
  • トレンド
  • セブン‐イレブンの「サンドイッチ」、紙素材を組み合わせた独自パッケージでプラスチック使用量を40%削減

セブン‐イレブンの「サンドイッチ」、紙素材を組み合わせた独自パッケージでプラスチック使用量を40%削減

販売戦略

2021/07/29 06:30

 セブン-イレブン・ジャパンは7月27日から順次、オリジナルフレッシュフードの主力商品であるサンドイッチに、プラスチック使用量を削減したパッケージを新たに採用し、東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県の店舗にて切り替えを実施していく。

旧パッケージ(左)と新パッケージ

 今回のパッケージ切り替えでは、これまでフィルム素材を使用していた部分に、独自技術によって紙素材を組み合わせることで、プラスチック使用量を約40%削減する。
 
従来はフィルム素材だった赤枠部分を、紙素材と組み合わせた素材に変更

 セブン&アイグループでは、環境宣言「GREEN CHALLENGE 2050」のプラスチック対策として、オリジナル商品で使用する容器を環境配慮型素材(バイオマス・生分解性・リサイクル素材・紙など)への切り替えを進めており、セブン-イレブンでは商品の包装についても石油由来プラスチックの削減に取り組み、5月に開始した手巻おにぎりのパッケージフィルム薄肉化や、7月からの弁当類の帯フィルムをリサイクルペットへ変更と合わせて、2013年比で年間約1000トンの石油由来プラスチックの削減を見込んでいる。

オススメの記事