• ホーム
  • トレンド
  • スタバがストローレス対象を全23品目に拡大、4月16日から順次提供

スタバがストローレス対象を全23品目に拡大、4月16日から順次提供

 スターバックスコーヒージャパンは、国内店舗におけるペーパーカップとストロー不要なリッドの提供対象商品を、アイスのスターバックスラテやキャラメルマキアートなどの冷たいビバレッジ全23品目へと4月16日から順次拡大していく。

ペーパーカップおよびストロー不要のリッドの、提供対象商品を拡大

 同社は、2月から国内全店舗で、アイスコーヒーとアイスティー2種、全てのホットビバレッジで使い捨てプラスチックの代わりにペーパーカップとストロー不要のリッドで提供していたが、今回はその取り組みをさらに多くの商品へと拡大することで、年間約6700万本のストローと、同数のプラスチックカップの削減を見込む。

 新たにペーパーカップとストロー不要なリッドの提供対象となるのは、スターバックスラテやキャラメルマキアートなど、アイスのエスプレッソビバレッジ、アイスチャイティーラテ、アイスココア、アイスミルク、キッズミルク、キッズココア。

 ストロー不要のリッドは、ホット・アイスの両方に使用可能で、コーヒーのアロマを楽しめるようホットビバレッジに使用していた従来のリッドと比較して、飲み口を大きくした。また、フリップアップ形状の採用によって、持ち帰り時に使用していたプラスチック製マドラーや、飲み口をふさぐシールなどを削減している。

 ペーパーカップは、リッド同様ホット・アイスの両方に使用でき、冷たい液体を注いでも結露の影響を受けにくく、耐久性を保てるよう、内側と外側の両方にラミネート加工を施した。また、適正に管理された森林やその他の管理された供給源からの原材料で生産された、「FSC認証紙」を使用している。

オススメの記事