• ホーム
  • トレンド
  • ジメジメした季節も快適に! 梅雨対策におすすめのアイテム

ジメジメした季節も快適に! 梅雨対策におすすめのアイテム

時事ネタ

2021/06/15 20:00

 梅雨になり、連日の雨とムシムシとした気候にゆううつな日々を送っている人も多いことだろう。いつかは梅雨明けすると言っても、まずは今この状況をなんとかしたい今日この頃。そんな時に頼りになるアイテムを、五つ紹介したい。

ジメジメした梅雨を

ONAS SMART UMBRELLA

 最初に紹介するJONAS SMART UMBRELLAは天気を知らせてくれる傘だ。インターネット経由で7日分の天気予報を取得し、傘を2回地面に向かってたたくと雨が降るかどうかを通知してくれる。持ち手の部分がレッドに光れば雨、レッドの点滅なら1日中雨、グリーンなら晴れといった具合だ。

 さらに、傘を左右に8回ほど振ると、スマホからアラームが鳴り、スマホの位置がわかる機能も内蔵している。出がけにスマホを家の中に忘れたときなどに役立つことだろう。傘をさしているときに電話やメール、LINEなどを着信・受診した場合に振動で知らせる機能もあり、音などで通知を見逃しがちな雨天時に活用したい。
 
JONAS SMART UMBRELLA

シャープ 「冷風・衣類乾燥」除湿機(CM-J100)

 梅雨の季節はとにかく湿気がうっとうしい。暑苦しく感じるのはもちろんのこと、洗濯物が乾かないことにストレスを覚える人も多いことだろう。シャープの「冷風・衣類乾燥」除湿機(CM-J100)は、室温差-10℃の除湿された冷風で涼しさを届けてくれる除湿機だ。料理中のキッチンなど、エアコンの風が届きづらい場所に設置して使い、外から帰宅したときのクールダウンにも役立つ。

 また、プラズマクラスターで部屋干し衣類の生乾き臭を消臭しながら衣類を乾燥する機能もあり、梅雨だけでなく一年中天気の悪い日に活躍してくれそうだ。キャスター付きのため移動が手軽なのもうれしい。
 
シャープ「冷風・衣類乾燥」除湿機(CM-J100)

アイリスオーヤマ くつ乾燥機(SD-C1)

 地面に水たまりが連日のようにできる梅雨の季節は、くつも長い時間濡れた状態になりかねない。そのままではカビが生えてしまう可能性もあるので乾かしたいところだが、天気が悪いのでそれもままならないだろう。新聞を詰めたり、ドライヤーで乾かすなどの手段もあるが、もっと効率敵で確実なのは乾燥機をつかうことだ。アイリスオーヤマのくつ乾燥機(SD-C1)は、ホースをくつに差し込むだけで使える手軽なくつ乾燥機。ノズルの先は二股形状となっているため、2足同時に乾燥できるのもうれしい。

 標準・革くつ・低騒音の3つのモードがあり、低騒音モードは夜間にも使いやすいので帰宅後すぐに乾燥させたいときに役立つだろう。使わないときはホースをたたんですっきり収納できるので、邪魔にならないの魅力だ。
 
アイリスオーヤマ くつ乾燥機(SD-C1)

UVマルチ除菌器 ポケットドクター

 湿度と温度が高い梅雨の季節は菌も繁殖しがち。そんなときに役立てたいのがUVマルチ除菌器  ポケットドクターだ。強力な13個のUV LEDを内蔵し、マスクやドアノブなど、なんでも除菌できる。それでいながら本体は手のひらサイズで重さも70gしかない。ポケットやカバンに入れて持ち歩くのもらくらくだ。

 UV LEDライトは直接目に入ると目によくないが、ジャイロセンサーにより裏返しになると自動電源オフする機能が搭載されている。USB充電式で、10秒の利用が最大300回利用可能難もうれしい。
 
UVマルチ除菌器 ポケットドクター

「アメミル」アプリ

 リアルタイムな降雨情報をAR(拡張現実)とAI(人工知能)で表現するアプリが「アメミル」アプリ。地図で見るよりもより直感的な雨の情報を得ることができ、この先の行動予定をしっかりと決めることができるだろう。Apple Watchにも対応しており、雨の接近をアニメーションで通知したり、マップ上に雨レーダーを表示したりできるのも便利だ。

 ARで見ている画面を動画と画像でSNSに投稿することもできるため、ほかの人に状況を知らせるのにも役立つ。基本は無料で使えるが、月額会員に登録するとこの先15時間の雨量予測やGPS追従モードが利用できるため、気に入った人はぜひ試してほしい。
 
「アメミル」アプリ

じめじめを振り切って快適に過ごそう

 梅雨の時期のジメジメは、ちょっとしたストレスが多く存在するもの。そうしたちょっとしたストレスの積み重ねが体調を崩す原因になりかねないので注意したい。この記事で紹介したガジェットはそんなストレスたちをちょっとずつではあるが癒してくれるだろう。今年の梅雨は我慢ばかりせず、便利な機器に頼ってみてはいかがだろうか。(ライター・ハウザー)

オススメの記事