• ホーム
  • トレンド
  • 弁当・スイーツも取り扱う「スマートスタンド」の実証実験 アプリで事前決済・完全リモート運営

弁当・スイーツも取り扱う「スマートスタンド」の実証実験 アプリで事前決済・完全リモート運営

 NTTドコモは、マンションやシェアオフィスなどで食料品や日用品を無人販売する「スマートスタンド」と「リモート運営システム」を開発し、実証実験として2021年7月以降、東京都内の一部施設で運用する。

キャッシュレス決済・無人販売の「スマートスタンド」の外観イメージとアプリ

 ショーケース型の冷蔵庫スマートロック、センシング、映像監視などを行う専用デバイスを取り付けたスマートスタンドを、マンションのエントランスなどに設置することで、居住施設の外に出ることなく、また対面することなく商品を購入できる。注文・支払いは、専用のアプリで行い、購入後にQRコードでスマートスタンドのロックを解錠し、購入商品を受け取る仕組み。
 
商品の購入・受け取りフロー

 冷蔵庫なので、弁当やデザート、ドリンク、菓子などの食料品や日用品など、幅広い商品を取り扱い可能。また、専用アプリのチャット機能を通じて、置いてほしい商品のリクエストを利用者から受け付ける。さらに、商品価格はダイナミックプライシングを適用し、値下げによって利用者はお得に、設置者は賞味期限が近い商品の廃棄ロスを削減できる。

 ニューノーマル(新しい生活様式)に求められる新サービスと位置づけ、利用者として、在宅勤務で忙しく仕事をしている人、仕事や育児の両立でゆっくりと休憩を取れない人、職場の近くに店舗がなく昼食などの買い物に困っている人などを想定。実証実験のほか、小売事業者や不動産事業者などとのパートナリングやサービス・UXの改善にも取り組んでいく。

オススメの記事