ワクチンは電話で予約したい!? 75歳以上は7割も

データ

2021/05/25 15:00

 グリーン・シップは、新型コロナウイルス感染症のワクチン接種に関するアンケート調査を全国の65歳以上の男女1650人を対象として5月23日に実施した。調査は、固定RDDデータに対して、アウトバウンドIVR(オートコール)で架電して行っている。調査によれば、75歳以上は電話予約を希望する人が約70%になったとのことだ。


 予約方法について、どの方法で試みたか、もしくは予約するつもりかを聞いたところ、過半数が「自分でコールセンターに電話をかけて予約」で、「家族知人に依頼して電話で予約」すると合わせると、電話予約を希望する人は63%という。なお、接種状況に関しては、すでに接種済みが14%、予約済みが44%、まだ予約ができていない人が42%という結果とのことだ。
 

 また、調査対象者にインターネットやLINEの使用状況についても聞いてみたところ、「ほぼ毎日使用している」が33%、「時々使用している」が20%と、半数が使用しているという結果。確実に予約をするために慣れ親しんだ電話を使いたいと考える人が多いのではないかと、グリーン・シップでは捉えている。

 同社では、自治体が運営する有人コールセンターの受付数を大幅に増やせる「ワクチン接種予約支援サービス」を開発、5月15日から福岡県の自治体において運用が開始となっている。福岡県の自治体では、100回線を同サービスで増設し、有人での対応の2倍以上の予約をわずか5分の1の時間で完了し、混乱なくスムーズな運用につながっているとのことだ。
 

オススメの記事