• ホーム
  • 業界動向
  • 新生活商戦の大本命! 第11世代インテルCoreプロセッサーを堪能できる最新&最強マシン

新生活商戦の大本命! 第11世代インテルCoreプロセッサーを堪能できる最新&最強マシン

 新生活を直前に控え、PC市場が盛り上がっている。その中心にいるのが、昨年秋に発表された最新の第11世代インテルCoreプロセッサー・ファミリーを搭載するノートPCだ。特に高いパフォーマンスを備える「インテルEvoプラットフォーム・バッジ」を冠する製品はユーザーに最高の体験を提供するとして注目を集めている。

 インテルEvoプラットフォームに準拠するPCでは、高性能なインテル Iris Xeグラフィックスが実現する没入感あふれる映像体験が楽しめる。スリープモードから1秒以内での高速起動、内蔵バッテリーによる9時間以上の連続駆動など、モバイルノートPCを日常生活のあらゆる条件下で快適に使うための機能も揃う。また高速・大容量のデータ通信に対応するThunderbolt 4コネクタなど外部機器に拡張しながら新たな体験をもたらしてくれるインターフェースも大きな魅力だ。

 今回は各社が販売するバラエティに富んだインテルEvoプラットフォーム準拠のモバイルノートPCを2回に分けて紹介する。ビジネスとプライベートの垣根を越えて、ユーザーの新しい生活様式に沿ったライフスタイルを充実したものに変えてくれる一台を見つけてほしい。
 
新生活商戦の大本命・インテルEvoプラットフォーム準拠のノートPC。
第1回はDynabook、FCCL、レノボ、MSIのおすすめモデルを紹介する

変幻自在の5-in-1 Dynabook「dynabook V8」

 
Dynabook「dynabook V8」は自由度の高さが魅力

 dynabook V8はクラムシェルタイプのノートPCとしてだけでなく、画面を360度回転させてタブレットのようにタッチ操作を活用したり、Wacom製のアクティブ静電ペンによる手書き入力にも対応するクリエイティブな5-in-1スタイルのフラグシップモデルだ。独自のエンパワーテクノロジーにより筐体内部に発生する熱処理の効率を上げて、第11世代インテルCoeプロセッサー・ファミリーの性能を長時間に渡って安定的に持続させる。
 
さまざまなスタイルに変形する
 
専用ペンを付属し、ペンタブとしても高性能

 高画質で省電力性能にも優れる13.3インチのフルHDタッチ対応IGZO液晶ディスプレイはPCによる動画視聴にも最適だ。スリムな本体に内蔵するharman/kardonの設計によるスピーカーシステムは、力強い没入感に富んだサウンドを楽しませてくれる。Dolby Atmos搭載による立体音場再生も楽しみたい。エンターテインメントPCとしても隅々まで充実している。

パフォーマンスにも妥協しない薄型・超軽量PC 富士通パソコン FMV「LIFEBOOK UH90/E3」

 
薄型超軽量なPCを実現した富士通パソコン FMV「LIFEBOOK UH90/E3」

 本体の薄さ15.5mm、軽さ約818g(黒筐体)という圧倒的に高いポータビリティを実現した世界最軽量モバイルノートPC。出張用のビジネスバッグはもちろん、デイリーユースのカジュアルなバッグに入れて持ち歩いたり、「家なかモバイル」スタイルにもフィットする。落下や一点/全面加圧、振動などを想定した様々なパターンの試験をクリアした堅牢性の高さにも注目。紙のノートを持つ感覚で気軽に使い倒せる。
 
これまでの常識を覆す驚きの軽さを実現している

 スリムな本体には2基のUSB Type-Cのほか、USB Type-A、HDMIにイヤホン、有線LANやフルサイズのSDカードスロットまで揃えた。コネクタの充実ぶりは随一。大画面の外部モニターを本機につなげばデュアルディスプレイによる作業環境も簡単に作れる。在宅ワークがはかどりそうだ。オンライン会議の際には内蔵スピーカーによる「声の再生」をクリアにするDiracボイスモードが真価を発揮する。
 
 
薄型ながらインターフェースは充実

 生体認証は顔認証ではなく指紋認証にも対応。マスクを着用しながらでも快適かつ安全にサインインできる。また、画面上部に備わったWebカメラはプライバシーシャッターを搭載し、物理的にカメラを制御できて安心だ。

タフネスを極めたカーボンボディ レノボ「Yoga Slim 750i Carbon」

 
レノボ「Yoga Slim 750i Carbon」

 インテルEvoプラットフォーム準拠モデルのなかでは手頃な価格ながら、充実のスペックを揃えた13.3型モバイルノートPC。落ち着いた高級感あふれるムーンホワイトカラーの本体はスリムでスタイリッシュ。パネルに3層のサーマルコーティングを施したことにより指紋が付きにくく、汚れもクロス等で手早く拭き落とせる。
 
 
天板やキーボード部に指紋が付きにくい

 トップカバーはカーボンファイバーを重ね合わせた素材として強度を高めた。パームレストとボトムカバーもマグネシウム合金製。平面をリブで強化する構造として、モバイルノートPCとしての携帯性を損なうことなくミリタリーグレードの耐久性を備えた。人間工学に基づいて設計されたキーボードは1.0mmのキーストローク、18.7×18.2mmのキーピッチを採用。長時間タイピングにも適している。
 
映像の明るさやコントラストを調整するだけでなく、ぼかし機能も備える内蔵カメラ

全方位にパフォーマンスを充実 MSI「Prestige-14Evo-A11M-785JP」

 
MSI「Prestige-14Evo-A11M-785JP」

 男性ユーザーだけでなく、女性ユーザーを意識したハイスペック&軽量モバイルノートPC。パネルを開いた状態で最も心地よくキーボードをタイピングできる傾斜角度になるドロップダウン式ヒンジデザインを採用。ホワイトを基調とした本体カラーはつや消し処理を施して、ルックスをエレガントに、手触りよく仕上げた。エッジの艶やかさを際立たせるダイヤモンドカットデザインも魅力。MIL規格「MIL-STD 810G」に準拠した安心の堅牢設計も心強い。
 
タイピングの快適さを意識したドロップダウン式ヒンジデザイン

 第11世代インテル Coreプロセッサー・ファミリーの性能を常時最大限まで引き出せるように、マルチタスク処理を行う際のパフォーマンス調整やリソースの最適化、システム診断などを一括して行うためのソフトウェア「MSI Center」をプリインストールした。内蔵マイクやスピーカーのノイズ低減をAI処理により行う「ノイズキャンセレーション」などリモート通話にも便利な機能が揃う。
 
パフォーマンス調整やシステム判断を一括して管理する独自のソフトウェア「MSI Center」をプリインストール

ハイスペックは“前提” 各社の個性で製品選びを

 インテルEvoプラットフォーム準拠モデルにとって、ハイスペックは共通事項。各社のマシンに触ると、そのメーカーならではの洗練された技術や機能を確認できた。その違いはきょう体の素材やキーボードの打鍵感など、細かい部分にまで及んでいる。製品を選ぶときは、店頭で実際の利用シーンを想像しながら手に取ってみるのがよいだろう。第2回ではASUS、Dell、HPのインテルEvoプラットフォーム準拠モデルを紹介する。(フリーライター・山本敦)

オススメの記事