• ホーム
  • 業界動向
  • 「ムーミンバレーパーク」のデジタル年間パスポート、今年も期間限定で販売決定!

「ムーミンバレーパーク」のデジタル年間パスポート、今年も期間限定で販売決定!

販売戦略

2021/03/09 13:00

 ムーミン物語は、埼玉県飯能市にある国内唯一のムーミンのテーマパーク「ムーミンバレーパーク」の入園と有料施設のチケットがセットになった「1デーパス」の体験内容を2021年4月1日から変更する。

2周年を迎えるムーミンバレーパーク

 新しい1デーパスには人気アトラクション「飛行おにのジップラインアドベンチャー」の代わりに、ムーミンバレーパークのトリビアを見つけながらパーク内を回遊して楽しむ「トリビアクエスト-Red-」が加わる。従来同様、有料施設「ムーミン屋敷(2F・3F鑑賞)」「写真スタジオ」「海のオーケストラ号」「リトルミイのプレイスポット」は、1デーパスだけで回数制限なく利用できる。
 
トリビアブックを完成させる「トリビアクエスト-Red-」は
1デーパス1枚につき1冊

 1デーパスの当日料金は大人4200円、子ども2300円、前売料金は大人4000円、子ども2100円。入園チケットは当日2500円、前売2300円。飛行おにのジップラインアドベンチャーは、4月1日以降、ムーミンバレーパーク内で専用のチケットを購入すると楽しめる。

 また昨年に続き、購入日から1年間有効の「デジタル年間パスポート」を期間限定で販売する。販売期間は4月1日~8月31日で、「ムーミン公式ファンクラブ」の会員登録者を対象に販売する。
 
デジタル年間パスポート(2020年度)のイメージ

 デジタル年間パスポートでは、1日単位の入園チケットと同じ施設・エリアを利用できる。料金は大人1万円、子ども6000円。なお、前年度に購入した年間パスポートの更新はできず、新規に購入する必要がある。今年は、カード式年間パスポートの発行は行わない。

 同じ飯能市の名栗エリアに20年夏に誕生したアウトドア複合施設「ノーラ名栗(Nolla Naguri)」には、手ぶらでキャンプが楽しめるグランピングエリア「GLAMPING FIELD」が4月29日にグランドオープンする。

 ノーラ名栗では、北欧風バーベキューやフィンランド式サウナといった北欧文化が体験でき、レンタルサイクリング、星空鑑賞会、ハイキングに加え、宿泊者向けのワークショップなどがスタートする。

オススメの記事