• ホーム
  • 業界動向
  • 日本オリンピック委員会にマットレスパッド600床分を寄贈、エアウィーブが実施

日本オリンピック委員会にマットレスパッド600床分を寄贈、エアウィーブが実施

時事ネタ

2021/03/05 14:10

 エアウィーヴは、JOCオフィシャル寝具パートナーとして「日本オリンピック委員会」にJOC向け特別仕様のマットレスパッド600床分を寄贈する。今回のマットレスパッドは、「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会」の選手村に供給するマットレスと同等の機能を装備。日本代表選手団に事前合宿の準備期間から選手村に近い寝具環境でコンディションを整えて大会に臨んでもらうため、既設のマットレスに重ねて使える製品を開発した。

JOC向け特別仕様のマットレスパッド

 具体的には、肩・腰・脚の部位ごとに硬さが調整でき、アスリート一人ひとりの体形に合わせて最適な寝姿勢を提供する。腰の部分が重く沈み込む場合は、腰部分のパーツを裏返して硬めにすることで背骨が真っすぐになり、理想的な寝姿勢の維持が可能。その他、さまざまな体形にフィットする寝具環境を作ることができる。

 エアウィーヴは、2013年に日本オリンピック委員会とオフィシャル寝具パートナー契約を締結。以来、日本代表選手団を寝具を通してサポートしてきた。体形に合わせて寝具をカスタマイズするというアイデアは、アスリートのフィードバックから生まれ、選手村の寝具開発に生かされている。

オススメの記事