• ホーム
  • 業界動向
  • マスク美人度をあげるのは眉毛! 資生堂が「立体眉」メイクをアドバイス

マスク美人度をあげるのは眉毛! 資生堂が「立体眉」メイクをアドバイス

時事ネタ

2021/02/25 18:30

 資生堂は、「クッションファンデパフ」のプレゼントキャンペーンを全国の「ドルチェ&ガッバーナ ビューティ」カウンターで2月22日から6月末まで実施する。また、このキャンペーンに合わせてドルチェ&ガッバーナ ビューティのおすすめメイクアイテムを紹介している。

メイクで使用するアイテム

 今回のキャンペーンでは、きめ細やかな美しい肌に仕上げることができる「ドルチェ&プレシャスキン パーフェクトフィニッシュ クッションファンデーション」(対象:本体・レフィル)を期間中に購入した人に専用のパフをプレゼントする。

 「ドルチェ&ガッバーナ エモーションアイズ ブロウパウダー デュオ」は、立体感のあるナチュラル眉に仕上がるパウダータイプのアイブロウパウダー。調和のとれた2色をミックスして使ったり、ダークカラーで陰影をつけたりと、さまざまなメイクに使える。ミニチュアサイズのスクリューブラシとブラシコームが内蔵されているため、毛並みを整えたり、ぼかすことも自由自在。肌にぴたっとフィットするため、キープ力も抜群となっている。

 アイブロウメイクのポイントは、「まず『エモーションアイズ ブロウパウダー デュオ 2』 に付属するスクリューブラシで毛を立ち上がらせたら、ブラシでパレット内の2色をブレンドして眉全体にオン。そのあと、眉の薄い箇所は毛の間を埋めるようにパレット右の濃い色を、しっかり生えている箇所は左の薄い色をプラスで塗って色のバランスをとる。最後にきらりと輝くゴールドの『パッションアイズインテンスボリュームマスカラ 4』を眉頭から中央にかけて軽くのせれば遊び心ある垢抜け眉が完成する」という。

 アイメイクのポイントについては、「上まぶたにはクリーミーなテクスチャーでワントーンで深みのあるおしゃれな目もとになるグレージュの『インテンスアイズ クリーミーアイシャドウスティック 5 TAUPE』をアイホール全体にぼかす。下まぶたと粘膜にはゴールドの『ザ・アイライナー 3』をぼかしながら引いてほんのり色っぽい目もとに仕上げる」としている。

 ヘアメイクアップアーティストの長澤葵さんは、「顔のバランスを大きく左右する眉は、マスクメイクの中でもかなり重要な箇所。今回使った『エモーションアイズ ブロウパウダー デュオ』は、粒子の細かいふんわりとしたパウダーで、ほど良い発色加減がお気に入り。“描きました感”が一切感じられない自然な仕上がりになる。パレットにはミニサイズのスクリューブラシが付いているので、きちんと毛並みを整えながら使うことが可能。眉メイクが苦手な人でも簡単に立体眉を描くことができる。そして、メイクをしてからしばらくたってもヨレにくい、そのキープ力の高さにも驚きだった。普段の眉メイクにもうひとアクセントつけたい時には、カラーマスカラを上からプラスしていつもと雰囲気の違うメイクを楽しんでみるのもおすすめ」とアドバイスした。

 また、モデルの弓ライカさんは「前髪をつくっていない私にとって、眉毛は顔のパーツの中でも特に目立つ箇所。この絶妙なダブルカラーのアイブロウパウダーとキラキラなゴールドマスカラを組み合わせて眉メイクをするだけで、顔の印象がおしゃれにがらりと変わったので驚いた。簡単だったので、今度は自分でもやってみたいなと思う」とコメントしている。

オススメの記事