資生堂は、マシンとアプリを使用してスキンケアのパーソナライゼーションを行う「Optune(オプチューン)」の本格展開を7月1日に開始した。

Optune

 Optuneは、8万通りの抽出パターンで、一人ひとり、しかも日々変わる肌と肌環境に合わせてケアが変わる。スマートフォン(iPhone)にダウンロードした専用のアプリによる肌測定データや温湿度などの環境データと、「睡眠データによる体内リズムの乱れ」などを独自のアルゴリズムで分析し、最適なスキンケアを専用のIoTマシンから提供する。
 
Optuneの仕組み

 なお、資生堂として初めて、サブスクリプション(定額制料金)のサービスを導入。月額1万円(税別)で利用できる。申し込みは、ブランドサイト内の申込専用ページで受け付けている。