• ホーム
  • トレンド
  • 抽選で2000円バック! QUICPay×エキナカ&駅ビルの電子マネーキャンペーン

抽選で2000円バック! QUICPay×エキナカ&駅ビルの電子マネーキャンペーン

 QUICPayキャンペーン事務局は、JR東日本グループのエキナカ駅ナカ・駅ビルのQUICPay加盟店限定で「エキナカ&駅ビル×電子マネーキャンペーン」を3月31日まで実施している。一部を除く、カードタイプのQUICPay、QUICPay対応カードを登録したApple Pay/Google PayのQUICPayなど、全てのQUICPayが対象。

QUICPay×エキナカ&駅ビル 電子マネーキャンペーン

 JR東日本の駅構内にあるコンビニ「NewDays」「NewDays KIOSK」やエキュート、グランスタ東京、グランルーフ、Dila拝島 FLO、テルミナ(錦糸町)など、対象店舗のキャンペーンPOPが掲出されている店舗で、2月1日~3月31日のキャンペーン期間中にQUICPayを合計1000円以上利用した人から抽選で500人に2000円分をキャッシュバックする。参加登録は不要。
 
対象店舗

 オリエントコーポレーション、ジャックスの場合は、キャッシュバック金額分をポイントでプレゼントする。対象外のクレジットカード会社は、エポスカード、オーシー、OCS、九州日本信販、トヨタファイナンス、日専連パシフィック、日専連ホールディングス、ニッセンレンエスコート、ニッセンレン・クレジットサービス、西日本旅客鉄道、ミクシィ、宮崎信販、ゆめカード、楽天カード、ワイジェイカード。
 
対象のQUICPay対応カード発行会社

 QUICPayは、対応カードや、登録したiPhone/Apple WatchやAndroidスマートフォン(スマホ)で利用できる非接触決済サービス。レジでは、「QUICPayで支払う」と伝える。1回当たりの利用上限金額はQUICPayの種類によって異なる。みずほ銀行auじぶん銀行のデビットカード、Kyashau PAY プリペイドカードなど一部のプリペイドカードも対応している。

 エキナカ&駅ビル×電子マネーキャンペーンは、QUICPayのほか、Suica、nanaco、楽天Edy、WAON、iDも対象。当選人数は各電子マネーごとに500人の合計3000人。キャンペーン対象の電子マネーはいずれもカード型、スマホの2種類があるが、nanaco、楽天EdyはiPhoneに対応していない。

オススメの記事