• ホーム
  • トレンド
  • スペアバッテリ搭載で「電池切れ」解決! 電動スクーター「ECOモビ」に長距離モデル

スペアバッテリ搭載で「電池切れ」解決! 電動スクーター「ECOモビ」に長距離モデル

販売戦略

2021/02/10 20:00

 ハイパーエナジーは、小型電動モビリティ「ECOモビ」の長距離ツーリングモデル「F1-D」の販売受付をECOモビ辻堂ステーションで2月15日に開始する。税別価格は、スペアバッテリ収納数1本モデルが22万7000円、スペアバッテリ収納数2本モデルが26万2000円。

F1-D

 F1-Dは、高出力バッテリを備えた原付1種の電動スクーター。バイクよりも取り回しが簡単なコンパクトサイズで、エレベーターや車に乗せられる。また、電動で音や煙が出ないため、早朝や夜間でも周囲を気にせず乗車できる。

 本体の収納ボックスには、スペアバッテリの搭載が可能で、用途に応じてスペアバッテリの搭載数を選べるほか、別売の機器を利用することで、太陽光からの充電にも対応する。
 
スペアバッテリの搭載が可能な収納ボックス

 その他、前カゴ、スマートフォンホルダー、ドリンクホルダーといった、利用シーンに合わせたオプションを用意している。

 移動距離は、スペアバッテリ1本なら60~80km、スペアバッテリ2本なら90~120km。

 なお、同社は今後、サブスクリプション型の利用プランや、事業者向けのデリバリーレンタルプランなどの展開も予定している。

オススメの記事