「赤いきつね」と「緑のたぬき」、人気なのは?

販売戦略

2021/02/02 19:00

 東洋水産は、2020年10月5日~21年1月31日まで開催していた「赤緑合戦~あなたはどっち!?食べて比べて投票しよう!~」キャンペーンの結果を発表した。3年目となる今回は、9065票を獲得した「緑のたぬき天そば」が初勝利。わずか181票差だった。

「赤緑合戦~あなたはどっち!?食べて比べて投票しよう!~」の結果発表

 投票は、特設のウェブサイト上や、みんなで食べよう!食べ比べキット、Twitter、さまざまなゲストを迎えて配信される食べ比べライブ配信と四つの手段で実施。「赤いきつね」の投票数は8884票で得票率が49.5%、「緑のたぬき」の投票数は9065票で得票率が50.5%だった。
 
赤緑合戦キャンペーンを展開していた

 この結果に対し、赤いきつね軍の大将を務めたタレントの武田鉄矢さんは、「2年連続での勝利を収めていたので、僅かな差で負けたのはとても悔しい。40年以上、赤いきつねのCMに出ていて商品にとても愛着があるので、最終対決となる今回は勝って有終の美を飾りたかった気持ちもあるが、緑のたぬきの濱田岳さんの頑張りもみていたので、負けても清々しい気持ち」とコメント。

 緑のたぬき軍の大将を務めた濱田岳さんは、「大将を務めてから、初めて緑のたぬきを勝利に導くことができた。今回は、緑のたぬき40周年でリニューアル後の戦いだったので、昨年以上に気合を入れて挑んだ。最後まで接戦が続いていたので、どっちが勝ってもおかしくない状況だったが、節目となる年に勝つことができて、とてもうれしい」とコメントしている。

オススメの記事