• ホーム
  • トレンド
  • 「牛丼並盛」の1.5倍! 吉野家が『牛の鍋焼き』を本日発売

「牛丼並盛」の1.5倍! 吉野家が『牛の鍋焼き』を本日発売

販売戦略

2021/01/28 18:00

 吉野家は本日(1月28日)から、全国の吉野家店舗で「牛の鍋焼き」を販売している。


 牛の鍋焼きは、吉野家厳選の牛肉(ショートプレート)と甘味の強い玉ねぎを煮上げてから、生姜・にんにく・りんごを配合した特製生姜だれと一緒に鉄鍋で香ばしく焼き上げる商品。今回、2021年丑年にちなみ、牛肉の量を大幅に増量した。牛肉の量で比較すると、そのボリュームは「牛丼並盛」の1.5倍以上、「牛丼大盛」や昨年春の牛の鍋焼きの1.3倍以上となる。

 火がついた五徳の上に鉄鍋をおいた状態で商品を提供。熱々の鉄鍋にたっぷり入った牛肉と玉ねぎが特製生姜だれとともに、焼き上げられる様子を見ながら自身で牛肉と玉ねぎの焼き具合を確認して食べることができる。風味豊かに焼き上げられた牛肉と玉ねぎを口に含むと、濃厚で風味豊かな味わいが広がる。

 また、今年の牛の鍋焼きは、牛肉の増量と特製生姜だれの配合変更で、牛肉と玉ねぎの旨さをより一層引き出しながら、鉄鍋で香ばしく焼き上がるようにしている。

 価格は、ご飯とみそ汁をセットにした「牛の鍋焼き定食」が598円、ご飯とみそ汁、さらに漬物と玉子(またはミニサラダ)を御膳仕立てにした「牛の鍋焼き御膳」が648円、「牛の鍋焼き(単品)」が498円。いずれも価格は昨年と同様で、定食と御膳は24時間ご飯増量・おかわり無料となる。また、定食、御膳、単品の3種類全てがテイクアウト可能で、定食と御膳のテイクアウトはご飯増量無料となっている。

オススメの記事