• ホーム
  • 業界動向
  • KDDI、「povo」を契約すると3000円のau PAY残高 「先行エントリーキャンペーン」を開始

KDDI、「povo」を契約すると3000円のau PAY残高 「先行エントリーキャンペーン」を開始

販売戦略

2021/02/01 17:30

 KDDIは2月1日16時から、オンライン専用の格安料金ブランド「povo」の専用サイトで「povo先行エントリーキャンペーン」を開始する。5月31日までに契約した人を対象に3000円相当のau PAY残高をプレゼントする。

2月1日から先行エントリーを開始したKDDIの「povo」

 キャンペーンの実施期間は2月1日16時からサービス提供開始日の前日まで。契約対象期間はサービス開始提供日から5月31日までとなっている。
 

 3000円相当のau PAY残高を得る条件は、(1)期間中に事前申し込みページで必要事項を記入の上、事前に申し込みをすること、(2)5月31日までにpovoを契約すること、(3)後日連絡する特典受取方法に従って、au PAYで所定の登録など必要な手続きをすること――の三つを満たす必要がある。

 なお、受取方法の詳細は、事前申し込みページで登録する携帯電話番号やメールアドレス宛ての連絡が届く。
 
NTTドコモのahamo、ソフトバンクのSoftBank on LINE(仮称)でも
先行エントリーキャンペーンを開始

 大手キャリアでは、NTTドコモがahamo、ソフトバンクがSoftBank on LINE(仮称)、KDDIがpovoのウェブ専用ブランドを発表。いずれも、月のデータ通信容量20GBで2480円~2980円の格安プランとなっている。1月29日には、楽天モバイルが月20GBまで1980円で、容量に応じてさらに980円や無料になる「Rakuten UN-LIMIT VI」を発表するなど、各社の競争が激しくなっている。
 
1月29日に発表した楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT VI」

 そうした中、ahamoでは3000円相当のdポイントをプレゼントする先行エントリーキャンペーンを2020年12月3日から開始。SoftBank on LINEでも21年1月27日から3000円相当のPayPayボーナスをプレゼントする先行エントリーキャンペーンを開始した。サービス開始前から各社の顧客争奪戦が激しさを増している状況だ。(BCN・細田 立圭志)

オススメの記事