• ホーム
  • 業界動向
  • auのウェブ専用ブランド「povo」、月20GBで2480円 「トッピング」で追加機能選べる

auのウェブ専用ブランド「povo」、月20GBで2480円 「トッピング」で追加機能選べる

経営戦略

2021/01/13 12:57

 KDDIと沖縄セルラーは1月13日、auのウェブ専用ブランドとして、月間データ容量20GBで月額2480円の新料金ブランド「povo」を発表した。3月にpovo専用サイトでサービスを開始する。NTTドコモのahamoやソフトバンクのSoftBank on LINEに次ぐ後発での発表となったが、月額料金の安さとユーザーの好みに応じて簡単に機能追加できる「トッピング」を独自サービスとして打ち出すことで差異化を狙う。

auのウェブ専用ブランド「povo」

5Gは今夏対応予定

 契約受付はオンライン専用にするなど、受付拠点や提供サービスを絞ることで他社よりも低価格を実現した。
 
月20GBで2480円(5Gは今夏対応予定)

 ただ、夏から対応予定とするauと同じ品質の5GネットワークについてKDDIの高橋誠社長は「ほかのキャリアも5G対応を公表しているので新たに5Gを入れたからといって過度なことにならないよう、お客様視点で間違いのないように対応していく」と語り、トッピングの追加メニューで対応するかどうかに含みを持たせた。
 
オンライン会見で語るKDDIの高橋誠社長

 トッピングは、ユーザーが好きなときに使いたいメニューを追加できる機能で、第一弾は200円の追加料金で申し込みから24時間データ通信が使い放題になる「データ使い放題 24時間」や、月額500円で5分間までの国内通話が無料になる「5分以内通話かけ放題」などを提供する。
 
 

 トッピングを使う際は、基本の月間データ容量20GBはノーカウントとなる。1回200円のデータ使い放題 24時間は月に何度でも利用することが可能。例えば、外出先でのオンライン会議やZoom飲み会、ある映画を見たいときなどに使うといった利用を想定する。

トッピングで「クーポン配布」も視野に

 トッピングは、オンライン型携帯電話事業に幅広い知見と実績を持つシンガポールのCircles Asia社との協業で実現したもの。利用したいときだけ、スマートフォンの画面上のトッピングのバーをスライドするだけで選択できるような使いやすいUXの実現を得意とする。
 
今後もさまざまな「トッピング」を追加していく

 今後も、あるスポーツの試合だけを見たいときや、ユーザーの利用状況に応じてクーポンを発行するなど、さまざまなトッピングのアイデアやサービスを実装していく予定だ。
 
今後もさまざまな「トッピング」を追加していく

 なお、月額2480円の20GBを超過した後は最大1Mbpsの通信速度になる。夏までは4G LTEネットワークのみでの利用となり、eSIMに対応予定。通話料金は20円/30GBとなる。

 データ追加が1GB当たり500円、通話かけ放題が月1500円など、こうしたメニューも追加のトッピングとして提供する。

 高橋社長が「通話はインターネット通話アプリで十分というお客様が非常に多い。(KDDIの)スマホを使う20代以下のお客様のうち、通話時間が月10分未満の方は6割以上になっている」と語ったように、若いユーザーをメインターゲットに、シンプルで安いプランとして提供していく。(BCN・細田 立圭志)

オススメの記事