• ホーム
  • 業界動向
  • アイロボット、プログラミングロボットで教育市場に参入、「Root」を2月に発売

アイロボット、プログラミングロボットで教育市場に参入、「Root」を2月に発売

販売戦略

2021/01/21 09:00

 アイロボットジャパンは、プログラミングロボット「Root(ルート)」の販売を公式オンラインストアとiRobot Education認定販売代理店で2月19日に開始する。税込み価格は2万9800円。

Root

 Rootは、ロボット掃除機「ルンバ」をモチーフとしており、無料でダウンロード可能な専用アプリを使用したプログラミングで、走る・光る・描く・音を奏でることができる。

 専用アプリは、ブロックをつなげて簡単にプログラミングを行うLevel1から、本格的なテキストコーディングを行うLevel3までの3段階で構成され、小学校における全ての教科と中学校でのプログラミングの授業で使えるようデザインされている。
 
専用アプリを使用したプログラミングのイメージ

 本体には、壁に当たったら跳ね返るバンパーや、段差センサーといった「ルンバ」で培ってきた機能を搭載し、プログラミングを楽しく学べるよう、光・音・ペンを使っての描写や、消しゴムなどさまざまな機能を備える。裏面のマグネットによって、ホワイトボード上の垂直走行も可能なので、作品のプレゼンテーションや教員によるデモンストレーションに役立つ。
 
「Root」のおもな機能

 専用アプリでは、作成したコードのシミュレーションができるので、本体が手元になくてもアプリだけで自身で作成したプログラムを試せるほか、クラウド上に作成したプログラムを保存すれば、世界中のプログラマーとの共有も可能になる。

 バッテリ駆動時間は最大5時間。サイズが幅13.4×高さ4.5×奥行き14.9cmで、重さが約0.49kg。

 その他、同社は全国の小学校を対象にRootを配布する「みんなで Root!プロジェクト」参加校の募集を、「iRobot Education」ウェブページで1月19日に開始している。プロジェクトでは、1校につき6台、計1000台のRootを先着順で無償提供する。

オススメの記事