• ホーム
  • トレンド
  • ユニクロ、新型コロナ対策として全国の小中高校にエアリズムマスク100万パックを寄贈

ユニクロ、新型コロナ対策として全国の小中高校にエアリズムマスク100万パックを寄贈

経営戦略

2021/01/19 18:30

 ユニクロは、新型コロナウイルス感染症の対策支援として、全国の小中高校の児童・生徒と職員を対象に、BFEを99%カットし、飛沫をブロックする「エアリズムマスク」100万パック(300万枚)を寄贈する。全国の学校、教育委員会、自治体単位で寄贈を申し込める特設サイトを1月15日に開設し、申し込みの受け付けを開始している。

「エアリズムマスク」100万パックを全国の小中高校へ寄贈

 マスクのサイズはS/M/Lサイズから洗濯が可能で、児童・生徒・職員数に対して1人1パックを前提に寄贈を行う。
 
エアリズムマスク

 寄贈されるエアリズムマスクは、性能の高さと肌ざわりの良さが両立したオールシーズン用のハイブリッドマスク。独自の3層構造でフィルター性能を高めており、1層目と3層目の「エアリズム」の中間に高性能フィルターを備える。マスク中央の縫い目部分にも中間層のフィルターを配して性能を均一化し、BFE99%カットを実現している。

オススメの記事