• ホーム
  • トレンド
  • コワーキングスペースになったカプセルホテル、24時間営業で密の分散へ

コワーキングスペースになったカプセルホテル、24時間営業で密の分散へ

販売戦略

2021/01/16 11:00

 サンザは、「豪華カプセルホテル安心お宿新宿店」のカプセルルームを改装したコワーキングスペース「おしごとお宿」を、1月14日に終日営業へ拡張した。

「おしごとお宿」の個室スペース利用イメージ

 これまで営業時間は9~24時だったが、「仕事上、深夜も働かなければならない」「昼は多くの方が動くから、時間を避けて行動したい」「緊急事態宣言でオフィスが閉まり困っている」「間で仮眠やお風呂を取った後、作業に戻りたい」といった要望を受けて、24時間化の実施に至っている。

 おしごとお宿では、無線LAN、サブディスプレイ、HDMIケーブル、デスクライト、ワイヤレスマウス、ワイヤレスキーボード、電源タップ、プリンタ、ノートPCスタンド、各種筆記用具、スマートフォン各種充電器、アイマスク、ブランケットなど、無料貸し出し品を多数用意しており、500円の追加で人工温泉の大浴場(タオル付き)を利用可能なほか(男性のみ)、カプセルでの仮眠もできる。
 
コワーキングスペースでは、個室スペースのほかオープンスペースも利用可能

 税込みの利用料金は、1時間500円、2時間1000円、3時間1500円、5時間2000円、1日利用3000円。

オススメの記事