• ホーム
  • 業界動向
  • くら寿司が初の「都心型店舗」オープンへ、テイクアウトとデリバリーは20時以降も対応

くら寿司が初の「都心型店舗」オープンへ、テイクアウトとデリバリーは20時以降も対応

販売戦略

2021/01/13 14:00

 回転寿司チェーン「くら寿司」は、都心型店舗の第一号店となる「渋谷駅前店」「西新宿店」を1月14日にプレオープンする。なお、緊急事態宣言期間中の店内営業時間は20時までだが、テイクアウトとデリバリーについては時間延長して対応する。

「渋谷駅前店」(左)と「西新宿店」

 オープンする2店舗は「非接触型サービス」を標準装備し、テーブル上もコンパクトでスッキリさせた、くら寿司の新たなスタンダード店舗様式「スマートくらレストラン」を採用。メニューは都心部という土地柄、オフィスワーカー層の利用や、夕食時の利用を見込み、本店舗限定で大人向け商品「大人寿司」をレギュラー販売する。また、テイクアウトメニューの拡充やデリバリーにも対応する。
 
大人寿司の「はまちの胡麻醤油漬け」(左)と「瀬戸内ボラの炙り」

 オープンを記念して「えびサーモン寿司」と、スイーツブランドKURA ROYAL「トロピカルサンライズブルー」「トロピカルサンセットレッド」の3品も、両店舗のみ期間限定で販売する。
 
えびサーモン寿司

 今後は、「都心部」へ新たに6店舗(渋谷駅前店、西新宿店を含む)のオープンを予定。いずれの店舗も価格帯は一皿110円(税別)と通常店舗よりも高く設定する代わりに、都心部ならではの需要を満たす、商品やサービスを提供していく。

オススメの記事