• ホーム
  • トレンド
  • 緊急事態宣言を受け飲食店を応援、SARAHの「#頑張れ飲食店」キャンペーン

緊急事態宣言を受け飲食店を応援、SARAHの「#頑張れ飲食店」キャンペーン

経営戦略

2021/01/07 17:30

 EatTechカンパニーのSARAHは、緊急事態宣言を受けてグルメコミュニティアプリ「SARAH(サラ)」で、飲食店を応援する「#頑張れ飲食店」キャンペーンを開始している。


 #頑張れ飲食店は、飲食店と消費者の両方を対象にしたキャンペーン。SARAHのアプリで消費者に応援したい飲食店のメニューを指定のハッシュタグ(#頑張れ飲食店)をつけて投稿してもらう。投稿メニューは、リアルタイムでサービスに反映され、SARAHのアプリ内だけでなくブラウザで誰でも閲覧・検索が可能となる。

 また、テイクアウト・デリバリー検索強化のために連携サービスの公開応募も開始。SARAHでは、投稿されたテイクアウト・デリバリーに該当するメニューを絞り込んで検索できる機能を搭載。主要サービスの「Uber Eats」「Chompy」「fineDine」「menu」「Picks」などとサービス内連携し、全国で20万以上に上るテイクアウト・デリバリーメニューを検索することができる。

オススメの記事